“我慢比べ”翌週のバーディ合戦 最後のパー5は確実に奪取するべし【今週のKey Hole】

“我慢比べ”翌週のバーディ合戦 最後のパー5は確実に奪取するべし【今週のKey Hole】

ホステス優勝へ気合いの入るイ・ボミ 15番で3日ともバーディを奪えるか(撮影:鈴木祥)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇14日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,446ヤード・パー72)>

15日(金)に開幕する国内女子ツアー「マンシングウェアレディース」。優勝へのカギを握る“Key Hole”として、今回は15番ホールをピックアップ。


■15番ホール(477ヤード・パー5)
毎年「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の翌週に開催される今大会は、前週とは一転バーディ合戦になるのが特徴。昨年は日本女子プロ-がオーバーパー決着となったのに対し、マンシング-は2日間を終えてトップがトータル16アンダーと3日間大会の最少スコアを更新する勢いだった。

そんな“伸ばし合い”のなかでも、確実にバーディを奪いたいのが15番。やや打ち上げのホールで2打目以降は池が絡むが、477ヤードと距離が長くない分、飛ばし屋はイーグルまで狙っていきたいところ。昨年のホールサマリではパー3の11番と並び難易度は最低。上位に行くためには是が非でも伸ばしたいホールだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>