救急搬送でプロアマ棄権のキム・ハヌル、本戦も欠場決定

救急搬送でプロアマ棄権のキム・ハヌル、本戦も欠場決定

ホステス大会に加えて日本初優勝を挙げた大会と言うことで気合が入っていたが…(写真は日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯)(撮影:米山聡明)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇14日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,446ヤード・パー72)>

「マンシングウェアレディース」のプロアマプレー中に体調不良を訴え、救急車で病院へ搬送されたキム・ハヌル(韓国)が本戦も欠場することが分かった。


今回の体調不良は片頭痛によるめまいが原因。また、脱水症状のような症状もあったという。救急搬送された病院でMRI検査などをした結果、異常なしと診断され、検査後、点滴などの処置を受けてホテルで休養を取っていたが、自身の体調と相談し今回の決断となった。マネージャーによるとハヌルは「とても大事な試合なので、できる限り出たかったのですが…申し訳ありません」と話しているという。

ハヌルは元々来週をオープンウィークとしていたため、次戦は国内メジャー第3戦「日本女子オープン」となる。


<ゴルフ情報ALBA.Net>