メジャー後だからこそ? “イ・ボミ流”重いグリーンへの対処法とは

メジャー後だからこそ? “イ・ボミ流”重いグリーンへの対処法とは

ホステスプロとして、大会初勝利を狙うイ・ボミ(撮影:佐々木啓)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇14日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,446ヤード・パー72)>

先週の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で4日間を戦い抜いた選手の多くはまだ疲労が抜け切れていないが、イ・ボミ(韓国)もその一人だ。本日14日(木)に行われたプロアマ戦に参加した後、「疲れは残っていますね」と本音をもらした。


だが、疲労以上にボミを悩ませたのはコースセッティングの違いだった。「特にグリーンのスピードが違いました」というように、先週は傾斜もあり、下り傾斜だとかなり転がったが、スティンプメーターでも約2フィート転がらないせいか、今週はイメージよりも重く感じるという。

昨年の優勝スコアは18アンダーと、毎年ロースコアが頻発する今大会。バーディ合戦になることが予想されるため、パッティングへの不安をなくすことが急務となる。そこでボミが考えたのが、パターを重くすることだ。「強めに打ってもカップの手前にしかいかないので、パターのソールに鉛を貼って対応しました」。トーナメントごとに鉛を貼る、貼らないはよくやっているとのこと。どれぐらいの重さにするかは本人のフィーリング次第だが、パッティングにこだわるボミらしい工夫だ。

今週はウェア契約を結ぶ株式会社デサントが主催するだけに、ホステスプロとして気合いも入る。「ルコックさんと契約したから賞金女王にもなれましたし、今週は大会を盛り上げるためにも頑張りたいです」と大会初制覇に向けて気合いを入れた。

なお、大会2日目のホールアウト後に行われるLPGA公認ドライビング女王コンテストに出場する意思はまったくないそう。「私のときだけ10メートルのフォローでも吹かなければ勝てないと思いますから」と、周囲を笑わせていた。

文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>