<速報>宮里藍、仕切り直しの第1ラウンドで連続バーディ発進!引退試合がスタート

【宮里藍の引退試合】エビアン選手権初日スタート 日本勢に上原彩子、野村敏京も

記事まとめ

  • エビアン選手権は14日の競技が荒天でキャンセルとなり、仕切り直しとなった
  • 今大会が現役最後の試合となる宮里藍は、ポーラ・クリーマーらと共にスタート
  • 宮里は昨日はリズムを崩すも、連続バーディの良い流れを活かしたいところ

<速報>宮里藍、仕切り直しの第1ラウンドで連続バーディ発進!引退試合がスタート

<速報>宮里藍、仕切り直しの第1ラウンドで連続バーディ発進!引退試合がスタート

バーディを先行させた宮里藍(撮影:村上航)

<エビアン選手権 初日◇15日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

14日(木)の競技が荒天のためキャンセルとなり、仕切り直しとなった海外女子メジャーの最終戦「エビアン選手権」初日のラウンドがスタート。今大会が現役最後の試合となる宮里藍は、ポーラ・クリーマー(米国)、ヤニ・ツェン(台湾)と共にスタートした。


INから出た宮里は昨日パーとした10番を今日はバーディを奪うと11番でも連続となるバーディ。昨日は12番でダブルボギーを叩いてリズムを崩しただけに、今日は連続バーディの良い流れを活かしたいところだ。

その他の日本勢は日本時間午後3時51分に上原彩子が、午後7時47分に野村敏京がプレーをスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>