安田彩乃、レギュラー参戦の辛酸をバネに2位発進

安田彩乃、レギュラー参戦の辛酸をバネに2位発進

首位と1打差、2位タイ発進の安田彩乃(撮影:鈴木祥)

<山陽新聞レディースカップ 初日◇15日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,351ヤード・パー72)>

9月15日(金)、ステップ・アップ・ツアー第16戦「山陽新聞レディースカップ」が開幕。今季QTランク67位でレギュラーツアーとステップ・アップ・ツアーを股にかけて戦う安田彩乃が、首位と1打差・2位タイと好スタートを切った。

<


2016年プロテスト合格の2年目。今季ここまでレギュラー8試合、ステップ11試合に出場し、ステップでは「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」では優勝争いに加わっているが、レギュラーの壁にぶつかっている。

後半戦に入ってからのレギュラー5試合はすべて予選落ち。「すべてにおいて足りない」という自覚を強めるが、トッププロが集まる舞台では学ぶことも多い。「アドバイスを頂く、というよりも、他愛のない会話のなかから先輩たちの考えを見極めようと思っています。またプロキャディの方からも多く勉強させてもらっています」。技術を参考にするのはもちろんだが、メンタル面やマネジメント面をつぶさに観察することで、"いかにバタバタせずにプレーできるか"を考えている。

「"バーディを4〜5個獲る""、"68"で回る"という目標を立て、勢いで達成できても、何が正しいのかわからないのではダメ。スコアを意識せず、1つ1つのショットのマネジメントが成功したか否か、判断ミスなのか、技術ミスなのか…課題を見つけながら成長しようと思っていますが、今日はそれがある程度できたと思います」とこの日の6バーディ・1ボギーは納得づくのスコアだ。

レギュラーツアーでの活躍を誓う原石が集うステップ・アップ・ツアー。淡々とプレーしながらも勝負どころで攻めるプレーを見せる難しさを感じながら、少しづつ成長する安田のような選手は多い。その成長過程を見ることができるのも、ステップ・アップ・ツアーの面白さのひとつだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>