宮里藍は2つスコアを落とし2日目を終了 上原彩子が2位タイに急浮上!

宮里藍は2つスコアを落とし2日目を終了 上原彩子が2位タイに急浮上!

大勢のギャラリーに見守られプレーする宮里(撮影:村上航)

<エビアン選手権 2日目◇16日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

海外女子メジャー今季最終戦「エビアン選手権」。この試合で現役を引退する宮里藍が、3バーディ・1ダブルボギー・3ボギーの“73”で第2ラウンドの競技を終えた。


3アンダー・8位タイからのジャンプアップを目指した宮里だったが、この日は、前半の1番でボギー、3番でダブルボギーを叩くなど苦しい立ち上がり。5番と7番でバーディを奪い盛り返したが、1つスコアを落としてハーフターン。後半も1バーディ・2ボギーの“37”と流れは変わらず、結局この日2つスコアを落とし、現時点でトータル1アンダーの27位タイでホールアウトした。

現在のところ、トータル9アンダーまでスコアを伸ばしたモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が単独首位に立っているが、日本の上原彩子が14ホール消化時点でトータル7アンダーの2位タイに浮上している。

そのほかの日本勢は、2アンダー・16位タイから出た野村敏京が、3バーディ・5ボギーの“73”とスコアを伸ばせずに2日目の競技を終了。現時点で、トータルイーブンパーの37位タイとしている。


<ゴルフ情報ALBA.Net>