宮里藍、笑顔と涙のパーでのフィナーレに「私らしい終わり方ができた」

宮里藍が現役最後のラウンドを終了 「私らしい終わり方ができた」とコメント

記事まとめ

  • 海外女子メジャー今季最終戦「エビアン選手権」で宮里藍が最後のラウンドを終了
  • 最後の18番では予選ラウンドで回ったポーラ・クリーマー(米国、棄権)らがお出迎え
  • 宮里は最後の1打を決めると決めると笑顔を見せた後、感極まる場面も見られた

宮里藍、笑顔と涙のパーでのフィナーレに「私らしい終わり方ができた」

宮里藍、笑顔と涙のパーでのフィナーレに「私らしい終わり方ができた」

多くのギャラリーが別れを惜しんだ(撮影:村上航)

<エビアン選手権 最終日◇17日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

海外女子メジャー今季最終戦「エビアン選手権」。この大会で現役を引退する宮里藍が最後の1ラウンドを終了。2バーディ・4ボギーの“73”とスコアを2つ落としトータル1オーバーでホールアウトした。


前半でスコアを1つ落とした宮里は、後半も波に乗れず。10番でボギーを叩くと14番でもボギー。15番でバーディを奪い返したが、その後はバーディを獲れず。現時点で32位タイとなっている。

最後の18番では予選ラウンドで回ったポーラ・クリーマー(米国、棄権)、ヤニ・ツェン(台湾、予選落ち)らがお出迎え。「打つ前からポーラとヤニが来ているのが分かったので、これを見ちゃったらパットどころじゃないと思ってなるべく見ないようにしていたんですけど(笑)」という感情の中で、最後の1打をねじ込んだ。

決めると笑顔を見せた後、感極まる場面も見られた宮里。「2m弱、難しいラインだったけどしっかりとストロークできた。すごくいいパーセーブだったし、私らしい終わり方ができた」とコメントした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>