「悔しい…」プレーオフで敗れた時松隆光、感じたのは優勝した池田勇太と自身の差

「悔しい…」プレーオフで敗れた時松隆光、感じたのは優勝した池田勇太と自身の差

トータル13アンダーで池田、今平と並んだ時松(撮影:上山敬太)

<ANAオープンゴルフトーナメント 最終日◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

首位タイから出た時松隆光は、3バーディ・3ボギーの”72”で回り、トータル13アンダーで池田勇太、今平周吾と並んでプレーオフに進出。2ホール目でボギーを叩き、昨季の賞金王・池田の前に屈したが、8試合ぶりの予選突破で最後まで優勝争いにからみ2位タイで競技を終えた。


プレーオフ1ホール目に2打目を50センチにつけて池田と今平にプレッシャーをかけたが、池田に80センチにつけかえされて2ホール目に突入。「勇太さんは、またチャンスにつけてくると思っていた」と2ホール目の2打目も果敢にピンを狙ったが、グリーン奥にこぼして万事休す。1メートルにつけた池田に勝利をさらわれた。

「悔しいですね…。ここまで悔しいのは初めて。相手が相手とはいえ」。もちろんプレーへの手ごたえも感じ、後半戦へ向け弾みのつく結果だが優勝を目前で逃した悔しさに唇を噛んだ。

「今日は勇太さんもそんなにいいプレーじゃなかった。その中で結果は1位なんで。悪いなりにまとめる力がボクよりも数段上だと感じました。ボクは調子が良くてこれだったので。その点は学べました」。調子が悪いときでも、スコアをまとめる力。そこが池田との違いだったとこの日を振り返った。

この日は強風の中でもスコアを崩さず、3バーディ・3ボギーのイーブンパーでラウンド。「それは自信になります。また来週に向けていい感じでいければ。本当にいいきっかけになったと思う」。悔しさと自信、その両方を胸に、秋のハイシーズンでは大暴れを狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>