「自らの意思として」片山晋呉が当面のトーナメント出場自粛を発表

片山晋呉が当面のトーナメント出場を自粛 招待客に不快な思いをさせた問題を受け

記事まとめ

  • 片山晋呉が当面のトーナメント出場を自粛する意向を明らかにした
  • 森ビルカップのプロアマ大会で、片山が招待客に不快な思いをさせた問題を受けてのもの
  • プレー続行を断念したゲストや、大会特別協賛社に直接お詫びしたことも明かした

「自らの意思として」片山晋呉が当面のトーナメント出場自粛を発表

「自らの意思として」片山晋呉が当面のトーナメント出場自粛を発表

「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」でプレーする片山晋呉(撮影:村上航)

「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」のプロアマ戦で、参加した招待客が片山晋呉の応対に不愉快な思いをし、プレー続行を断念した件について、15日(金)に公式ホームページにて当面のトーナメント出場を自粛すると発表した。


「ファンの皆様へ」と題されたこの投稿では、冒頭でファンへの感謝を述べた後、「この度の件に関しまして、皆様へのご報告とお詫びをさせて頂きたく、以下のとおりお知らせさせて頂きます」と今回の件について触れた。

まず現在の状況について「現在、日本ゴルフツアー機構において調査が行われており、その後、懲戒・制裁委員会が開催されると承っております。私としては、当該調査に全面協力させて頂くとともに、機構の決定を真摯に受け止める所存でございます」と説明。また、8日(金)にはプレー続行を断念したゲストに、13(水)には大会特別協賛社に直接お詫びしたことを明かした。

「今回の件について、皆様に対して謝罪と反省の意を示すとともに、自らを深く振り返る時間を持つべく、自らの意思として、当面の間、トーナメント出場を自粛させて頂くことにいたしました」と発表。試合に出場せず、処分の結果を待つことを明かした。

最後に「繰り返し恐縮でございますが、この度は、本当に申し訳ございませんでした」と綴った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>