<中間速報>単独トップに高林由実 “黄金世代”吉本ひかるが超過クラブで4罰打

<中間速報>単独トップに高林由実 “黄金世代”吉本ひかるが超過クラブで4罰打

まさかのクラブ超過 ルーキー・吉本ひかるが痛恨ミスで出遅れている(撮影:鈴木祥)

<ユピテル・静岡新聞SBSレディース 初日◇15日◇静岡カントリー 浜岡コース(6,485ヤード・パー72)>

本日15日(金)に開幕したステップ・アップ・ツアー第10戦「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」の初日。全選手が前半の競技を終えて、高林由実が4アンダー・単独首位に立っている。


1打差2位タイに福田裕子、山口裕子、リ・エスド(韓国)、2打差5位タイには4番パー3でホールインワンを達成した福山恵梨ら4人が続いている。

勝みなみ、新垣比奈らと同じく“黄金世代”のルーキー・吉本ひかるは、規定を超える本数のクラブをバッグに入れたままティオフ。これにより、1番・2番ホールにそれぞれ2打の罰が科され※1、5オーバー・76位タイと下位で前半を折り返している。

※1 ゴルフ規則4-4aクラブの選定と補充(抜粋・要約)
プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。
規則4-4aの違反の罰は、(持ち運んでいたクラブの超過本数にかかわらず)ストロークプレーでは違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>