日本女子チームが圧勝劇! 安田祐香は女子アマ連覇へ弾みをつける個人優勝【トヨタジュニアW杯最終日】

日本女子チームが圧勝劇! 安田祐香は女子アマ連覇へ弾みをつける個人優勝【トヨタジュニアW杯最終日】

3年ぶりの優勝を果たした女子チーム 左から西村優菜、古江彩佳、安田祐香(撮影:ALBA)

<トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 最終日◇15日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(男子6,843ヤード・パー71 女子6,130ヤード・パー72)>

「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」女子最終日。2位に6打差をつけ、独走態勢で挑んだ日本チームは、チームスコアを22アンダーに伸ばし、最終的には2位・韓国に10打差をつける快勝。2015年以来の団体優勝を飾った。


安田祐香(滝川第二高等学校3年)が「67」、西村優菜(大阪商業大学高等学校3年)と古江彩佳(滝川第二高等学校3年)が「69」と全員が60台を記録した圧勝劇。日本アマチュアランクTOP3を揃え、チームワークも抜群の日本女子チームは他国を寄せつけなかった。安田はトータル10アンダーで韓国女子チームのイ・スジョンと並び、個人優勝を獲得。海外勢と4日間プレーして「飛距離を安定して出していたプレーヤーもいましたが、ショットがブレない部分は自分のほうが強みがあるなと思いました」と自信を深めた様子だった。

西村と古江は昨年大会でアメリカ女子チームに破れ、惜しくも2位。今年は影も踏ませぬ独走劇でリベンジを果たし、

「一人ひとりが毎日、自己分析して翌日につながるように考えることができた。去年は悔しい思いをしたので優勝できてすごく嬉しいです。自分とプレースタイルが違う海外選手を見て、アイデアを取り入れることができています」(西村)

「ショットがすごく良かったわりにはスコアが出ていませんでした。でも(優勝できて)ホッとしましたし、チームとしてすごく強いと思うので、チームワークのおかげだと思います」(古江)

と笑顔で喜びを語った。

チームワークのよさで栄冠を勝ち取った3人だが、来週は「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」でライバルとして戦う。2017年覇者の安田は「今大会は団体戦で気持ち的にラクな部分もありましたが、来週は(前年度覇者で)注目してもらえるなかで、普段感じないプレッシャーがでてくるかもしれない。でも、いまのプレーをすれば上位で争えると思うので、最終日に近づくにつれて、優勝争いをしたいと思います」と意気込んだ。

「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」の最終成績は以下のとおり。

【女子団体戦 最終結果】
1位:日本(-22)
2位:韓国(-12)
3位T:カナダ(+2)
3位T:スウェーデン(+2)

【個人の部 最終結果】
1位T:安田祐香(-10)
1位T:イ・スジョン(-10)※韓国
3位:西村優菜(-9)
4位:古江彩佳(-6)
5位:コレスト・ダオ(-5)※カナダ
6位:イングリッド・リンドブロッド(-3)※スウェーデン
7位:ウム・キュワン(-2)※韓国

※団体戦のスコアは各チーム上位2人の合計(各日加算)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>