<中間速報>松山英樹はスコアを伸ばせず トータル6オーバーで折り返し

<中間速報>松山英樹はスコアを伸ばせず トータル6オーバーで折り返し

前半でスコアを1つ落として後半へ(撮影:岩本芳弘)

<全米オープン 2日目◇15日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)>

海外メジャー「全米オープン」の第2ラウンド。松山英樹は前半を1バーディ・2ボギーでラウンド。現在トータル6オーバーで後半に突入している。


松山はスタート1番ホールでボギーが先に出たが、その後は難セッティングの中でもパーセーブ。6番・パー3で約6メートルを沈めてこの日最初のバーディを奪うも、直後の7番・パー3で痛恨のボギー。その後もスコアを取り戻せず、トータル6オーバー・37位タイで折り返している。

現在、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)がトータル4アンダーで単独首位。唯一のアンダーパーとなっている。後続は4打差のトータルイーブンパー・2位タイに、今季1勝のイアン・ポールター、ジャスティン・ローズ(ともにイングランド)、スコット・ピアシー(米国)が並んでいる。

3年ぶりに大会出場のタイガー・ウッズ(米国)はトータル10オーバー・88位タイとなっている。

日本勢では星野陸也と秋吉翔太が第2ラウンドを終えており、星野がトータル18オーバー・143位タイ、秋吉がトータル19オーバー・151位タイとなっている。小平智は、現在トータル14オーバー・116位タイでプレー中となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>