<中間速報>松山英樹は執念のバーディ締め! トータル5オーバーでホールアウト

<中間速報>松山英樹は執念のバーディ締め! トータル5オーバーでホールアウト

松山英樹がホールアウト(撮影:岩本芳弘)

<全米オープン 2日目◇15日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)>

午前組スタートのダスティン・ジョンソン(米国)が、後続に4打差をつけてトータル4アンダーで首位を独走している「全米オープン」第2ラウンド。日本勢では、松山英樹がトータル5オーバーでホールアウトしている。


5オーバー・46位タイから出た松山は、前半で1バーディ・2ボギーとスコアを1つ落として折り返し。後半ではなかなかバーディを奪えずパーが続いたが、最終18番で約4メートルを沈めてバーディ締め。「イーブンパーで終われてよかった。悪くない」と、2バーディ・2ボギーの「70」でホールアウト。トータル5オーバー・現在25位タイとなっている。

現在アンダーパーは2人。首位と4打差・2位にはチャーリー・ホフマン(米国)、4打差・3位にはスコット・ピアシー(米国)が続いている。

3年ぶりに本大会に参戦しているタイガー・ウッズ(米国)はトータル10オーバー・84位タイ。松山と同組で回っているリッキー・ファウラー(米国)は、この日1ストローク伸ばしてトータル2オーバー・9位タイでホールアウトとなっている。

小平智は1バーディ・8ボギーの「77」でフィニッシュし、星野陸也とともにトータル18オーバー・138位タイ。秋吉翔太がトータル19オーバー・149位タイで予選通過は厳しい位置となっている。


<ゴルフ情報ALBA.Net>