横峯さくらが1差2位で決勝ラウンドへ ユ・ソヨンは首位をキープ

横峯さくらが1差2位で決勝ラウンドへ ユ・ソヨンは首位をキープ

一気に8ストローク伸ばした横峯さくらが2位タイに浮上(撮影:GettyImages)

<マイヤーLPGAクラシック 2日目◇15日◇ブライズフィールドCC(6624ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」2日目が行われ、首位と4打差の10位タイから出た横峯さくらが、8バーディ・ノーボギーの「64」をマーク。トータル12アンダーまでスコアを伸ばし、トップから1打差の2位タイに浮上した。先週の「ショップライトLPGAクラシック」でも単独2位に入るなど好調なラウンドが続く横峯は、「1ホール1ホールを大切にしていきたい」と明日以降の戦いを見据えた。


トータル13アンダーでユ・ソヨン(韓国)が前日に続き首位をキープ。横峯とサンドラ・ガル(ドイツ)が2位タイ、2打差の4位にキャロライン・マッソン(ドイツ)と続く。

畑岡奈紗はトータル4アンダー・47位タイ、野村敏京はトータル3アンダー・59位タイでともに予選通過を果たした。

ミシェル・ウィー(米国)はトータル8アンダー・12位タイ、レクシー・トンプソン(米国)がトータル6アンダー・21位タイ。現在賞金ランクトップのアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)はトータル5アンダーで32位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>