16年の日本シリーズ覇者・パク・サンヒョンが優勝 小林伸太郎は3位Tで終戦【韓国ツアー】

16年の日本シリーズ覇者・パク・サンヒョンが優勝 小林伸太郎は3位Tで終戦【韓国ツアー】

3位タイで大会を終えた小林伸太郎(※写真は2016年SMBCシンガポールオープン)(撮影:ALBA)

<KEB ハナバンクインビテーショナル 最終日◇17日◇レイクサイドカントリークラブ・西コース>

韓国ツアー「KEBハナバンク・インビテーショナル」は全競技が終了。2016年の日本ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の覇者パク・サンヒョン(韓国)がトータル21アンダーまで伸ばして栄冠を掴んだ。


日本勢最上位となる首位と5打差・トータル12アンダーの5位タイから出た小林伸太郎は、トータル17アンダー・3位タイで終了。

その他の日本勢は武藤俊憲がトータル8アンダーの35位タイ、小鯛竜也がトータル7アンダーの39位タイで4日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>