気がつけば優勝争いをしていた松田鈴英、”父に捧げる”単独4位

気がつけば優勝争いをしていた松田鈴英、”父に捧げる”単独4位

自己最高の単独4位で大会を終えた松田鈴英(撮影:村上航)

<ニチレイレディス 最終日◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,548ヤード・パー72)>

初日を2位タイで終えたときには、自己ベストの23位タイを上回りたいと熱く語っていた松田鈴英。2日目を終えても5位タイで粘り、記録更新はラクな展開に見えた。しかし、最終18番パー5を迎えた時点では、そんな小さなことは頭の中から消えていた。首位グループとの差はわずかに1打。ツアー初優勝さえ視界に入っていたのだから当然だ。


1打差の首位で並んでいた同組の鈴木愛とテレサ・ルー(韓国)は2オンに成功。対する自分はグリーン左に外していた。ピンまで15ヤードを54度で寄せる際、頭の中にあったのはチップインさせてイーグルを奪うことだけだった。

「ピンにぶつけてもいいつもりで打ちました。弱かったら絶対に入らないのでしっかりめにいこうかなと」。

気持ちの強さがインパクトの強さにつながったのか、ボールは予想以上に強くコロがり、ピンを3メートルオーバーしたものの、そのパットを慎重に沈めてバーディ奪取。結果的に首位グループとの1打差は縮まらず、トータル8アンダー・4位に終わったが、自己ベストを大きく更新した。

松田のパッティングを見ると、左手のグリップはノーマルだが、右手は甲を正面に向けるクロウグリップで握っている。「右手が”悪さ(必要以上に動いてしまうこと)”をしていたので、50センチぐらいのパットも入らなかったんです。それを防ぐために、父親から試してみたらとアドバイスを受け、今年のアクサレディスゴルフから始めました」

おかげで右手の余計な動きがなくなり、ヘッドもスムーズに出るように。今回も大事なパットをことごとく決めていただけに、父親には感謝したいところだろう。

「父の日の今日、いつもありがとう!と本人に伝えました。プレゼントは今回の成績ですね」

と照れくさそうな笑顔を見せた松田。次は、初シード奪取で感謝を伝えたい。(文・山西英希)

<ゴルフ情報ALBA.Net>