松山英樹が全米オープン16位タイで終了 米国のブルックス・ケプカが優勝を決める

記事まとめ

  • 全米オープン最終日が行われ、日本勢で唯一の決勝ラウンド進出となった松山英樹が出場
  • 松山英樹は4連続バーディを奪うなど猛チャージも後半で停滞し、16位タイとなった
  • 優勝はトータル1オーバーのブルックス・ケプカ(米国)で、2位はトミー・フリートウッド

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております