賞金女王、全英切符、リランキング…前半戦の大一番 過去2勝のイ・ボミは欠場

賞金女王、全英切符、リランキング…前半戦の大一番 過去2勝のイ・ボミは欠場

昨年覇者の鈴木愛 連覇をかけてカメリアヒルズCCに挑む(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 事前情報◇18日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,620ヤード・パー72)>

ツアー前半戦の大一番「アース・モンダミンカップ」が21日(木)に幕を開ける。賞金総額1億8000万円は前半戦最高額。それぞれの思いをかけたビッグトーナメントの火蓋が切られる。


最注目は前週の「ニチレイレディス」で今季4勝目を挙げた昨年覇者・鈴木愛。今大会で上位に入れば、2015年のイ・ボミ(韓国)に並ぶ歴代最速タイとなる6月末での1億円突破、優勝すれば04年に不動裕理が記録した史上最速タイとなる出場11試合目での年間5勝目を達成する。さらに、11試合目での1億円突破となれば、16年のボミが持つ出場14試合目を上回る最速記録。故障を抱える左ひざの状態はまだまだ気になるところだが、金字塔を打ち立てる可能性は十分にある。

また、今季から実施されているリランキングは今大会終了後に第1回が行われる。すなわち、今大会までに賞金を稼ぐことができなかった選手は、オープンウィーク以降のレギュラーツアー出場権を失うことになる(第2回リランキングはミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン終了後)。7月から9月までのほぼ全試合に出場できると見られるラインは40位。いまだその安全圏に入れていない香妻琴乃、藤田光里らは今大会が正念場となる。

そして、今大会終了時の賞金ランク上位5名(有資格者を除く)には7月末に行われる海外メジャー「全英リコー女子オープン」の出場権が付与される。高額賞金大会だけにこちらも多くの選手にまだチャンスが残されている。

出場資格を持つほとんどの選手はエントリーしているが、15年、16年大会の覇者で、昨年不調ながらも7位タイに入ったボミは欠場する。

もちろん、昨年大会で2位に入り賞金シードを獲得した三ヶ島かなのように、来季シード権の行方も占う一戦だ。賞金シード、女王レース、全英切符、リランキング。千葉県の名門コースを舞台に、様々な思いが入り乱れる大勝負が始まろうとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>