全英オープン5度制覇 名手ピーター・トムソンが88歳で死去

全英オープン5度制覇 名手ピーター・トムソンが88歳で死去

88歳で逝去したピーター・トムソン(2002年撮影)(撮影:GettyImages)

米国男子ツアー通算6勝。「全英オープン」を5度制覇した名手、ピーター・トムソン(オーストラリア)が20日に死去した。88歳。4年前からパーキンソン病を患っていた。


トムソンは1954年の全英オープンをオーストラリア人として初制覇。同年から56年まで3連覇を達成し、65年までの間、全英オープンで5度の勝利を重ねた。88年に世界ゴルフ殿堂入り。

2016年に退職するまで、32年間にわたりPGAツアー・オブ・オーストラレイジアの会長も務めるなど、現役を退いた後も精力的に活動。およそ30カ国で200以上の新しいコースと改装を実施するなど、ゴルフ界発展に寄与していた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>