米国ツアー出場を刺激に飛距離アップ成功…吉田優利が2位浮上【日本女子アマ2日目結果】

米国ツアー出場を刺激に飛距離アップ成功…吉田優利が2位浮上【日本女子アマ2日目結果】

首位と1打差の2位につける吉田優利(撮影:標英俊)

<2018年度 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 2日目◇20日◇嵐山カントリークラブ(6,646ヤード・パー72)>

6月19日(火)から4日間の日程で開催される「2018年度(第60回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」。144名のアマが出場し、予選ラウンド2日間を終えて、トータル12オーバーまでの67名が第3ラウンドに進出。首位はトータル1アンダーの吉本ここね、2位にはトータルイーブンパーの吉田優利、2打差の3位タイには高久みなみ、安田祐香、西村優菜、平岡瑠依の4名がつけた。


初日「73」でラウンドした吉田の2日目は、5バーディ・4ボギー「71」。「最初の4ホールで2オーバー。4番で1.5mのパーパットを外してしまって、ちょっと怒りが…普段は怒ったりしないのですが、今回はそのおかげで次のホールからしっかり攻めることができて、5番から連続バーディを獲れました」と、序盤のつまづきを力に変えて、スコアを伸ばした。

麗澤高校3年の吉田は、2016年後期から現在までナショナルチームで活動。海外での試合にも多く出場する。2月には米国女子ツアー「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」に参戦。トッププロが集う米国女子ツアーで初参戦ながら予選突破を果たし、34位タイでローアマを獲得した。

「会場の雰囲気や、一流の選手たちのショット音を生で感じることができ、”いつかはここでやりたい”と目標を持つことができた。ドライビングレンジでも近くで練習するプロのスイングがすごく早くて…”自分は飛距離が足りない”と感じました」と意識を高め、3〜4月は飛距離アップに着手。上田桃子、比嘉真美子、藤崎莉歩、小祝さくら、らのコーチを務める辻村明志氏に指導を受けているが、辻村氏は”クラブを振り込む”ことに重きを置いており、「しっかりとドライバーを振り込む練習により、平均で10ヤードくらい伸びました。これまではミート率の高さで飛ばすタイプでしたが、ヘッドスピードが1〜2m/s上がった。いまは240ヤードくらいです」と成長をとげている。

好位置で迎える3日目は「慎重にプレーしつつ、攻めることはしつつ、自分のゴルフはしたい」。大きくスコアを崩さない安定したプレーが売り。我慢比べとなれば勝機は十分だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)