出ないという選択肢も…勝みなみの“海外メジャー”観

出ないという選択肢も…勝みなみの“海外メジャー”観

「全英リコー女子オープン」よりも今季は国内優先か?(撮影:佐々木啓)

<アース・モンダミンカップ 初日◇21日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,620ヤード・パー72)>

「アース・モンダミンカップ」終了後の、賞金ランク上位5人には7月に行われる海外メジャー「全英リコー女子オープン」への出場権が付与される(すでに他の資格で鈴木愛を除く。また出場を辞退した分は繰り下がり)。現在、賞金ランキングで7位につける勝みなみにも十分チャンスはあると見ていい。


だが、本人としては「迷っている」というのが正直なところ。「今はあまり向こう(海外)の試合に出たいとは思わないですね」と続ける。

理由はとにかく国内ツアーで1勝したいから。「そこが今の自分の目指すところです。ルーキーイヤーでここまで順調にくるとは思っていませんでした。いい滑り出しをできただけに欲も出てきました。優勝したいですね」。想像以上に“プロ”の舞台で戦えている。それだけに、この勢いでタイトルが欲しいという思いも少なくない。

「まだ、これから先出るチャンスはあると思いますし、今年がルーキーイヤーということもあります。まずは日本で…という気持ちが強いですね」と勝。権利を獲得した暁には、どんな決断を下すのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>