女子アマ制覇・吉田優利ってどんなコ?先輩たちも認める”プロ向き”の性格

女子アマ制覇・吉田優利ってどんなコ?先輩たちも認める”プロ向き”の性格

日々成長中の吉田優利、念願の日本女子アマ制覇(撮影:標英俊)

<2018年度 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技 最終日◇22日◇嵐山カントリークラブ(6,646ヤード・パー72)>

「2018年度 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」最終日が6月22日(金)に開催され、トータルイーブンパー・首位からスタートした吉田優利がスコアを1つ伸ばし、トータル1アンダーで優勝を果たした。

上野菜々子との1打差の争いが続き、一時は首位から転落。15番で再び単独首位となるも、16番で並ばれる。だが17番でバーディを奪いかえすと、最終18番をパーで締め、上野のバーディパットが外れた時点で勝負が決した。


18番グリーン脇で同じナショナルチームのメンバーらに囲まれ「”おめでとう”といわれて、いままで悔しい思いをしてきたことが一気に蘇ってきて…」と涙を流した吉田。試合後には「(優勝カップに)自分の名前が入るというのは、すごいことだと思います」と喜びを語った。

千葉県出身で、10歳からゴルフを始めた吉田は、メキメキと上達し、小学6年時に「関東小学生ゴルフ大会」で優勝。小学校時代は水泳やテニス、フットベースボールらのスポーツに取り組んだが、中学入学時には本格的にゴルフへ取り組むように。小学6年生で関東ゴルフ連盟(KGA)が主催する「TEAM KGA ジュニア」1期生に選ばれ、IMGアカデミーへ派遣。「約1週間でしたが、初めてゴルフでアメリカにいきました。施設の良さにビックリして、教わることが初めてのことばかり。たくさん練習しましたね」。

プロゴルファーを意識しはじめた中学時代は「日本ジュニアゴルフ選手権競技(女子12歳〜14歳の部)」「全国中学校ゴルフ選手権」などで上位に入り、高校は現在も3年生として在籍する麗澤高校に入学。高校2年次(2016年後期)にナショナルチーム入りするも派遣試合に選出されず、悔しい思いをした。「日本に残ることが多かったですね。そこで、ガレス(・ジョーンズ)コーチに、コースマネジメントやメモの書き方をしっかりと教えてもらった。メモと向き合い、グリーンからの逆算で考えられるようになってきて、”ゴルフ脳”のレベルは少し上がったと思います」。

スキル面では高校1年の後半から、父・英隆さんが知人を通して紹介してもらった辻村明志コーチに師事。辻村氏は、上田桃子、比嘉真美子、藤崎莉歩、小祝さくらを指導しており、先輩プロたちととも練習を行うことも多い。「ツアーの練習ラウンドで上田さんと一緒に回ったときに、質問をすると、ていねいに答えてもらえます。チップショットが苦手で悩んでいたときには”5ヤードのキャリーを重点的に練習している。正確性をつかむためにいいよ”といってくださいました」。

辻村コーチいわく「上田さんは彼女を見て”プロ向きの性格だね”と話していたことがありました。比嘉さんも”私の同じ年代の頃と比べてもスイングがきれい”と言っていましたね。千葉の拠点で一緒に練習する際に、プロたちの打席の後ろで打ってもらい、”打音を聞いて盗むことも覚えなさい”と指導していますが、毎練習のたびに成長のきっかけを掴んでいるように見えます。指導を始めるときに”日本女子アマで優勝する”と約束しましたが、彼女の努力の成果だと思います」と、さまざまな刺激を受けながら、日々成長中している。

現在の吉田自身が感じる強みは「スコアを崩さない安定感」。だが今年2月の「ISPS Handa オーストラリア女子オープン」に出場したことで意識が変わった。初出場の米国女子ツアーで予選通過を果たし、ローアマ(34位T)を獲得したが「世界では”スコアを伸ばさないと勝てないと思いました」。3〜4月には飛距離アップに着手。ヘッドスピードが40m/s程度から1〜2m/s上がり、10ヤードアップに成功した。

目指す人物像は"自分の意志を強く持つ人"。「いずれ世界で戦いたいと思っていますが、まずは日本でプロとして活躍できるように。賞金女王を目指したい。ですが、先のことはあまり考えないタイプで、目の前のことにしっかりと取り組みたい。明日から宮崎で(JGAの)合宿があるので、”何を学ぶべきなのか”をじっくり考えたいです」。人を気にせず、自分のやるべくことに集中するタイプ。これが上田桃子のいう”プロ向きの性格”ということか。ただゴルフ以外では少々違うようで…「友達と意見が対立したときは負けます(笑)」とのことだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>