古閑美保がイベントに登場 10年後の“現役復帰 ”構想も!?

古閑美保がイベントに登場 10年後の“現役復帰 ”構想も!?

イベントに登場した古閑美保 まさかの“現役復帰”計画も!?(撮影:ALBA)

<ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目◇23日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」の会場に古閑美保が登場した。今年3回目の開催となる「生解説観戦ガイドツアー」の案内役を務めるためで、ツアーでは参加者とコースを回り、男子プロのプレーを見ながらの解説やゴルフ上達のアドバイスなどを行った。


この日の午前中、ツアーを終えた古閑は、「聞きたい人は色々聞いてきてくださいというスタンスで、ずっと喋ることができて楽しかったです」とファンとの交流に笑顔を浮かべた。先着20名に発売されたチケットは即完売。男子の会場でも変わらぬ人気を見せた。「ここに来てくれる人は私のことを好きな人だけだと思うので、私も好きなことを言いました」と“古閑節”で熱心な解説を続けた。

最近は「月に3、4回ゴルフをやっているんですよ」と明かした古閑。現役引退後数年はクラブを握っていなかったが、「昔よりゴルフを求めているかも」と“告白”した。「現役時代はゴルフは仕事感覚で、楽しいと思ったことはなかったんですけど、今はけっこう好き」。これには夫の小平智も大きく影響しているそうで、「ゴルフが『好き』という感覚の人と出会ったからかな」と、その心境の変化について説明した。

現役復帰は? という質問には、「それはないです!(笑)」とピシャリ。「ゴルフへのプライドが高くて1番にならないと気がすまない性格だし、1番(賞金女王)のなり方も知っている。でも、もう1度それをすることはできない」と笑いながら否定した。ただ、「レジェンズ(ツアー)はあるかも」と45歳以上のプロを対象としたシニアトーナメントへの参戦を匂わせるコメントも。最後には「男子と違って、女子は20年以上第一線で活躍するのは難しいというのが私の持論なんですけど、そう考えると大山(志保)さんはスゴイ!」と、ケガから復帰し41歳でツアー優勝を果たした大山を讃えた。

なお、観戦ツアーは明日も午前と午後の2回行われる。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>