室田淳、水巻善典が6アンダーで首位発進<日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権>

室田淳、水巻善典が6アンダーで首位発進<日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権>

6090名のギャラリーが訪れた大会初日(撮影:標英俊)

<日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ2018 supported by アコーディアゴルフ 初日◇23日◇おおむらさきゴルフ倶楽部(グランドの部 6,626ヤード・パー72/ゴールドの部 6,326ヤード・パー72)>

6月23日(土)、24日(日)の2日間の日程で開催される「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ2018 supported by アコーディアゴルフ」。初日の競技を終えて、グランドの部(開催年60歳以上・84名)は、室田淳と水巻善典が6アンダーで首位につけた。


1打差の3位には伊藤正己、2打差の4位タイには湯原信光と松山春行、3打差の6位タイには高橋勝成、羽川豊、飯沼カオル。

ゴールドの部(開催年68歳以上・52名)は、69歳の阪東礼治が4アンダー単独首位。「68」でラウンドし、エージシュートを達成した。2アンダー・2位タイは同じくエージシュートを達成した菊一利彦と、西川貴祥、1アンダー・4位タイには矢野昭、海老沢清治。この日、ゴールドの部では6名がエージシュートを達成している。

両部門の成績上位一覧は以下のとおり

【グランドの部 初日成績上位】
1位T:室田淳(-6)
1位T:水巻善典(-6)
3位:伊藤正己(-5)
4位T:湯原信光(-4)
4位T:松山春行(-4)
6位T:高橋勝成(-3)
6位T:羽川豊(-3)
6位T:飯沼カオル(-3)
9位:白浜育男(-2)ら8名

【ゴールドの部 初日成績上位】
1位:阪東礼治(-4)
2位T:菊一利彦(-2)
2位T:西川貴祥(-2)
4位T:矢野昭(-1)
4位T:海老沢清治(-1)
6位T:須貝昇(E)ら7名

【エージシュート賞】
阪東礼治 69歳(68ストローク)
矢野昭 72歳(71ストローク)
長谷川勝治 72歳(72ストローク)
中島弘二 72歳(72ストローク)
安田春雄 75歳(75ストローク)
古市忠夫 77歳(77ストローク)

<ゴルフ情報ALBA.Net>