まるでデジャヴ…!? 悪夢断ち切った成田美寿々、逃げ切りVなるか

まるでデジャヴ…!? 悪夢断ち切った成田美寿々、逃げ切りVなるか

地元・千葉で躍動 悪夢断ち切った成田美寿々に怖いものなし?(撮影:米山聡明)

<アース・モンダミンカップ 3日目◇23日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,620ヤード・パー72)>

この日、上がり3ホールで執念の3連続バーディを奪った成田美寿々。11アンダー・単独首位からスタートしたが、後半15番までにスコアを2つ落としてトータル9アンダーに。「(この日は)3オーバーだけは打たないようにと思っていた」と最後の最後で持ち直し、トータル12アンダーで単独首位を維持した。


成田が「3オーバー」にこだわったのには理由があった。思い出されるのは昨年大会。首位で決勝ラウンドに進出するも、3日目からスコアを伸ばせず10位タイで終了。実は昨年、初日が4アンダー、2日目を終えて11アンダー、3日目を「3オーバー」で終えて、トータル8アンダー・7位タイに後退していた。

「昨日終わってみたら、2日目までの展開と一緒だった」。なんと今年も、初日に4アンダー、2日目を終えて11アンダー。この日も“3オーバー”を叩く危機に直面していたが、上がり3ホールで苦い過去に打ち勝った。「気持ち悪いと思って、メチャクチャ意識しましたね。昨日、母に『2オーバー目指して頑張ります』と言ったら怒られました(笑)」と、悪い流れを断ち切り、ほっとした笑顔を見せた。

明日は同級生の福田真未、申ジエ(韓国)とともに最終組でラウンド。「(福田は)面白くていいやつなので、一緒に盛り上げたい。申ジエさんの王者のゴルフを見せてもらいながら。それでも、負けるわけにはいかないですけどね」。昨年の悪夢を断ち切った今、優勝に向けて突き進むのみだ。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)