前半戦の大一番でリランキングに明暗 石川明日香、エイミー・コガが逆転で出場権獲得

前半戦の大一番でリランキングに明暗 石川明日香、エイミー・コガが逆転で出場権獲得

大逆転でリランキング40位内に入った石川明日香(撮影:米山聡明)

<アース・モンダミンカップ 最終日◇24日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,620ヤード・パー72)>

賞金総額1億8000万円、優勝賞金3240万円のビッグトーナメント。第1回リランキング前の最終戦「アース・モンダミンカップ」でやはりドラマが生まれた。リランキングでおよそ40位内の選手は9月末までの出場が見込まれるが、その中で大きな動きがあった。


一番の主役は、今大会開幕前までリランキング59位だった石川明日香。3日目を終えてトータル8アンダー・5位につけると、最終日もスタートから3連続バーディを奪取する。その後は1バーディ・1ボギーとパープレーにまとめて単独4位フィニッシュ。1080万円を獲得し、暫定リランキング順位を9位に上げて7月以降の戦いの場を確保した。

「9月までの試合に出られることが一番うれしいです。絶対に(今大会で)10位以内に入ろうと思っていました」と満面の笑み。「思った以上に稼ぐことができました。シードを獲れるチャンスが出てきたと思うので狙いたいと思います」と、今後は来季の出場権獲得に挑む。

開幕前まで43位としていたエイミー・コガ(米国)もトータル7アンダー・22位タイに入り、リランキング35位に浮上。見事、逆転で40位内に滑り込んだ。「この4日間はあっという間でした。この試合はアンダーパーじゃないと上にいけないと思い、今までとは違い攻撃的プレーにしました。少しは攻められるようになったと思います。成長したかなと。7月以降も楽しみですね。いっぱい試合に出て、もっともっと強くなりたいです」と喜んだ。

一方、初日に2位タイ発進を決めたリランキング48位の竹内美雪は、最終的にトータル5アンダー・38位と奮闘したものの、リランキング42位と圏内に浮上ならず。リランキング51位だった宮田成華も、最終日の後半で3バーディを奪う意地を見せたが、リランキング48位に終わった。「今日は失うものはないと攻めました。後半に伸ばせたのは良かったと思います。次のリランキングに向けて、出られる試合で稼ぐしかない。できる限りレギュラーに出ようと思っています」と今後について語っている。

その他、36位につけていた小野祐夢は38位に、38位につけていた安田彩乃は39位とそれぞれ順位は落としたものの出場圏内をキープ。一方、39位につけていた槇谷香、40位につけていた仲宗根澄香はともに今大会で予選落ちを喫し、賞金を獲得できず。40位内からもれるかたちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>