室田淳は優勝スピーチで「みなさん、ゴルフをしてください」【日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権】

室田淳は優勝スピーチで「みなさん、ゴルフをしてください」【日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権】

室田淳がゴルフを推奨!(撮影:標英俊)

<日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ2018 supported by アコーディアゴルフ 最終日◇24日◇おおむらさきゴルフ倶楽部(グランドの部 6,626ヤード・パー72/ゴールドの部 6,326ヤード・パー72)>

6月23日(土)から2日間の日程で開催された「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ2018 supported by アコーディアゴルフ」。グランドの部(開催年60歳以上・84名)は、室田淳がトータル10アンダーで優勝を果たした。


6アンダーの首位タイからスタートした室田は、6バーディ・2ボギーの「68」と4つスコアを伸ばし、グランドシニア選手権で初勝利。終盤は水巻善典、高橋勝成に迫られたが、最終18番をバーディで締めて、2位以下に2打差をつけた。

“日本”を冠するPGA公式戦らしく、初日6090名、最終日6749名が会場に訪れ、初の1万人動員突破。試合後の表彰式では、大会特別協賛のゴルフパートナー社長の石田氏がギャラリーへの御礼とともに「これから何年も大会協賛を続けていきたいと思っていますが、いまゴルフ人口が少なくなっています。みなさんゴルフをしてください」と訴えたが、室田も「ゴルフをしてください。みなさんにもたくさんゴルフをしていただかないと、こういう素晴らしい大会が開催できなくなってしまいます。よろしくお願いします」と、アピールした。

表彰式後は「(優勝賞金200万獲得で)6月のノルマを達成。ゴルファーは稼ぐのが仕事だよ」と上機嫌。「体調を整えて、鍛錬もして、次も頑張りますよ」と、7月の「第28回日本シニアオープンゴルフ選手権競技」からの国内シニアツアーでの活躍に意気込んだ室田。「誰も(プラヤド・)マークセンに“ガツン”といえない状況だからね。オレがやるしかないでしょ」と、2年連続シニア賞金王で今季も賞金ランク首位を走るタイの鉄人への宣戦布告で締めた。

【グランドの部 上位者 最終成績】
優勝:室田淳(-10)
2位T:高橋勝成(-8)
2位T:水巻善典(-8)
4位T:池田健司(-6)
4位T:湯原信光(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)