ピンチ乗り越え畑岡奈紗が悲願V 「母のサポートがなかったら…」

ピンチ乗り越え畑岡奈紗が悲願V 「母のサポートがなかったら…」

畑岡奈紗が困難を乗り越え米初優勝をつかんだ(撮影:GettyImages)

<ウォルマートNWアーカンソー選手権 最終日◇24日◇ピナクルCC(6,331ヤード・パー71)>

畑岡奈紗が3日間で21アンダーをマークし、米国女子ツアーの「ウォルマートNWアーカンソー選手権」を制した。初日からバーディ合戦に遅れることなく、終わってみれば大会記録のトータル17アンダーを4打更新。圧倒的な攻撃力で強豪をねじ伏せた。


先月開催された「キングスミル選手権」ではプレーオフに進出するもアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)に敗れた。「全米女子オープン」では、調子を落としながらも日本勢トップの10位タイに入ったが、喜びの言葉はなかった。そんな悔しさを一気に爆発させた今大会。これまでも、そしてこの日もピンチを乗り越えたからこその勝利だった。

昨年、初参戦でいきなりぶ厚い壁にぶち当たった。予選落ちが11回に棄権が1回。慣れない環境、移動問題、未知のコースへの対応などに苦慮し、家族との会話で涙を見せることもあった。それが8月の「カンビア・ポートランドクラシック」で最高成績の15位タイに入ると、9月の国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」、「日本女子オープン」で2連勝。調子を一気に取り戻した。

それでも米ツアーの賞金ランクは140位でシード権を逃し、2年連続の最終予選会へ。ここでトップ通過を果たし、再び米ツアー参戦権をつかんだ。今季も開幕戦から予選落ちと、調子が上がらなかったが、4月以降は出場4戦連続でトップテン入り。そしてついに念願の初優勝を勝ち取った。

ここまで13試合で予選落ちはシーズン序盤のわずか2回。ホールインワンを2度達成するなど、調子を上げてきてのこの優勝だった。最終日は独走状態に入ったが、13番ではティショットを池に入れるピンチ。「ここをパーで切り抜けたのが大きかった」と、3メートルのパーパットを沈めてガッツポーズを見せた。

17歳で「日本女子オープン」を制覇してから飛躍的な成長を遂げる畑岡。今季は母の博美さんがツアーに帯同、「そこが1番大きいですね。食事の面でサポートしてくれたり、本当に家族のサポートがなかったらここまでこられなかったと思うので、感謝したいです」。さらには、かつて大山志保のエースキャディを務めたデイナ・ドリュー氏を今季は起用。サポート体制もバッチリだ。「パッティングが1番良かった」と優勝の要因を挙げたが、精神面での落ち着きもそれ以上に大きいといえそうだ。

これで米ツアーの賞金ランクは5位に浮上。年間を通してのポイントレースも8位と躍進した。「東京五輪で金メダルを取りたい」と掲げ、世界の舞台へ飛び立った畑岡。名実ともに日本勢のトップに立ったのは間違いなさそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>