【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみがバーディ量産! ルーキー2人が堂々のトップ10入り

【前半戦スタッツ振り返り】勝みなみがバーディ量産! ルーキー2人が堂々のトップ10入り

“黄金世代”の筆頭・勝みなみ 攻撃的なゴルフでバーディを量産した(撮影:佐々木啓)

「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。


昨年プロテスト合格のルーキー2人が、平均バーディ数で堂々のトップ10入りを果たしている。1ラウンド当たりの平均バーディ数で3位(3.5660個)に入ったのが、98年生まれの“黄金世代”筆頭・勝みなみ。今季は5月の「リゾートトラストレディス」単独2位を含む、6度のトップ10入り。17試合に出場し、トータルのバーディ数は後続に19個の差をつけて1位(189個)に立っている。

2位タイに終わった「ヨネックスレディス」では、初日・最終日を「60」台でラウンドするも、2日目にダブルボギーを2つたたいて「75」となるなど、プロ転向後の初優勝に向けてはボギーをどれだけ抑えられるかがカギとなる。

10位(3.2564個)には、4月の「サイバーエージェントレディス」でツアー初優勝を挙げた新垣比菜がランクインした。若さを生かした攻撃的なゴルフでバーディを重ねる“黄金世代”。後半戦もルーキーたちの活躍に注目だ。

【平均バーディ数ランキング】
1位:鈴木愛 4.2941個
2位:成田美寿々 3.7778個
3位:勝みなみ 3.566個
4位:菊地絵理香 3.5319個
5位:比嘉真美子 3.4694個
6位:アン・ソンジュ 3.3684個
7位:ペ・ヒギョン 3.3261個
8位:葭葉ルミ 3.3個
9位:申ジエ 3.2821個
10位:新垣比菜 3.2564個
11位:全美貞 3.1892個
12位:森田遥 3.1818個
13位:上田桃子 3.1778個
14位:岡山絵里 3.1633個
15位:テレサ・ルー 3.1429個
16位:ジョン・ジェウン 3.1333個
17位:権藤 可恋 3.1154 個
18位:渡邉 彩香 3.1026 個
19位:ユン・チェヨン 3.0732個
20位:川岸史果 3.05個

<ゴルフ情報ALBA.Net>