好調・上原彩子が上位進出へ自信「ネガティブな部分はない!」

好調・上原彩子が上位進出へ自信「ネガティブな部分はない!」

上原彩子、大舞台でのツアー初優勝に意欲を見せた(撮影:GettyImages)

<KPMG女子PGA選手権 事前情報◇28日◇ケンパーレイクスGC(6,741ヤード・パー72)>

米国メジャー第3戦「KPMG女子PGA選手権」。開幕を目前に控え、上原彩子は中継を担当するWOWOWのインタビューに応じた。


Q:メジャーの難コースにめっぽう強いですが。
A:今週は池が絡んでくるホールがたくさんあって、距離もしっかりあるので、難しいセッティングだと思います。

Q:気候に関しては。
A:今日は涼しかったですが、明日から暑くなる予報で風も強く吹くらしいので、プレーの判断もより重要になってくると思います。

Q:ショットの距離が伸びているように見えますが。
A:手応えとしてショットの感覚はすごく良いですし、ネガティブな部分もないので明日から楽しみです。あとはパッティングでボールがカップに落ちてくれるように、頑張りたいと思います。

Q:グリーンの印象は。
A:ポアナ芝が少し入っているので独特のクセはもちろんありますが、そこで良いリーディングとタッチ感を出していきたいです。

Q:今大会への意気込みを。
A:コースとしてはANAインスピレーションやエビアン選手権とは違う顔を持っていて、タフな4日間になると思います。池も多く絡んでくるので、すべてのスキルが必要になりますし、1打1打、良い判断をしながら頑張りたいです。

本人のコメントにもあったように、今年のメジャー第1戦「ANAインスピレーション」で単独8位に入り、その後も「キングスミル選手権」で10位タイに食い込むなど、今年は勝負強さを見せている。ベテランらしい味のあるプレーで、上位進出を果たす構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>