三浦桃香は最終プロテストに進めず 稲見萌寧ら48人が通過

三浦桃香は最終プロテストに進めず 稲見萌寧ら48人が通過

三浦桃香は今年もプロテスト通過が叶わなかった(撮影:佐々木啓)

<2018年度プロテスト第2次予選・A地区 最終日◇29日◇ホウライカントリー倶楽部(栃木県)>

6月26日(火)から行われている「2018年度プロテスト第2次予選・A地区」は全日程を終了。トータル9アンダーの稲見萌寧がトップで「最終プロテスト」(7月24日、兵庫県・チェリーヒルズGC)へとコマを進めた。


40位タイまでが進む最終プロテストには、稲見のほか2位の幡野夏生、3位の高橋彩華や、8位の宮田成華ら48人が進出した。

今季ここまでレギュラーツアー16戦に出場する“黄金世代”の一人、三浦桃香はトータル17オーバー・66位タイに終わり、第2次予選で落選。昨年に続きプロテスト合格は叶わなかった。

このほか、トータル15オーバー・51位タイのベイブ・リュウ(台湾)、今年の海外女子メジャー「全米女子オープン」に出場した高山佳小里、江澤亜弥の妹・亜季や、青木瀬令奈の姉・茉里奈も最終テストに進むことができなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>