【前半戦スタッツ振り返り】権藤可恋がパー3平均スコアで大躍進

【前半戦スタッツ振り返り】権藤可恋がパー3平均スコアで大躍進

今季躍進中の権藤可恋が「パー3平均スコア」のスタッツで2位(撮影:鈴木祥)

「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。


パー3平均スコア【パー3の総ストローク数÷パー3総ホール数】で急上昇を見せたのが2位につける権藤可恋だ。

17試合でパー3ホール208の総ストローク数は「609」。平均2.9279という数字を記録している。昨年75位(3.1433)だった同部門での飛躍は、しっかりと成績にも反映され、トップ10回数はすでに3回。賞金ランクも23位につけるなど、ここまで充実のシーズンを送っている。パー3で確実にピンを捉えるキレ味鋭いショットが、TP単年登録の権藤を一気にシード選手まで押し上げるか。

1位は成田美寿々。今季2勝を挙げている成田は180ホール(15試合)のパー3コースでストロークは525。平均スコア2.9167となっている。またルーキーの勝みなみが、2.9670の6位と健闘している。

【パー3平均スコア】
1位:成田美寿々 2.9167
2位:権藤可恋 2.9279
3位:永井花奈 2.94
4位:鈴木愛 2.9412
5位:アン・ソンジュ 2.9539
6位:勝みなみ 2.967
7位:木戸愛 2.9694
8位:豊永志帆 2.9773
9位:菊地絵理香 2.9787
10位:岩橋里衣 2.9821
11位:李知姫 2.9868
12位:ペ・ヒギョン 2.9891
13位:比嘉真美子 2.9898
14位:三ヶ島かな 2.9931
15位:永峰咲希 2.9948
16位:酒井美紀 2.9952
17位:藤本麻子 3.0054
18位:葭葉ルミ 3.0125
19位:石川明日香 3.0161
20位:ユン・チェヨン 3.0183

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)