小祝さくら「みんながいなかったら目標がなかった」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

小祝さくら「みんながいなかったら目標がなかった」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

黄金世代でも異彩を放つ小祝さくら(撮影:米山聡明)

2018年の女子ツアーを語る上で欠かせないワードとなりつつある“黄金世代”。1998年4月2日から1999年4月1日までに生まれた選手を総称して使われるこの言葉。アマチュア時代からプロの試合で活躍し、プロ転向後も4月に新垣比菜が優勝するなど早くも存在感を示している選手たちだ。


果たして、このように呼ばれている選手たちは、プロとして戦う1年目に何を感じているのか。また、黄金世代と呼ばれることについて、そして活躍を見せる同級生たちに何を思うのか。それぞれに思いを聞いてみた。第3回は昨年のプロテストに合格。現在賞金ランク30位につけている小祝さくら。

Q:ゴルフを始めたきっかけは?
8歳のころ、宮里藍のファンだった母親のゴルフレッスンについていったことが最初ですね。

Q:これまでのゴルフ人生で一番の思い出は?
初めて出場した15年の日本女子オープン(片山津ゴルフ倶楽部 白山コース)でたたいたときですね(編集部注:初日に86をたたき予選落ち)。セッティングもとても難しくて、ひどいスコアでした。いやな思い出という感じで残っています。

Q:ゴルフをやっていて一番面白いときは?
やっぱり成績が出たときはうれしいですね。あとはプレーしながら同伴競技者の人と話すのも面白いです。

Q:ゴルフをやめたいと思うときは?
ありますよ。ありすぎて分からないくらい(笑)。小学校のときとかはほぼ毎日(笑)。ゴルフが嫌いでした。やらされていた感じですね。母がスパルタだったから、めっちゃ怒られるんですよ。試合の内容とかじゃなくても、練習しなかったりとか、やることできてなかったりとか。そういうときはやめたかったですね。

Q:それでもここまで続けられた理由は?
最初は本格的にやっていなかったので、そういうときは怒られても「まぁ別に」という感じでした。あとは、ゴルフをやめてもやることがなかったというのも大きいですね。それに高校に入ったあとにやめたいと思ったときは、ここまで来たらもうやめられないな、と。お金もかかっていたし、そう簡単にはやめられない感じだったので、続けてこられたのかなと思います。

Q:今はどうですか?
今は楽しいです。高校生のころから徐々に楽しくなってきました。今までよりも成績が出るようになって、そのあたりから楽しくなりました。それまでは成績が出ていなくて…、中学1年生のときは1回しか優勝できないときがあって。そのときは一番悩んでいましたね。

Q:プロになってアマチュア時代と変わったことは?
プレースタイルとかは絶対変わったと思います。昔は1球1球という感じではなく、どんどん打っている感じだったけど、プロになったら1打の重みを感じます。1球ごとに大事に打つようになりました。

Q:初めての賞金で買ったものは?
なにも買っていないですね(笑)。何か欲しいと思っていても、買いに行く時間がなくて忘れちゃう。忘れているということは、そこまで欲しくないのかもしれません。

Q:レギュラーツアーで戦うということ
プロテストに受かってその流れでここまで来ましたが、やっぱりアマチュアのときよりもレベルの差というか強い選手が多いと感じています。一緒にプレーさせてもらっていても、自分との差がありすぎて「まだまだだな」という風にしか思えないですね。

Q:そんなレギュラーツアーで同級生が活躍しています。黄金世代と呼ばれることについては?
みんなが思っているかは分からないですが、黄金世代といわれてもよく分からないというのが本心です。ただ、同い年で活躍している子がたくさんいるので、すごいなと思うのと同時に、高校生のころからそういう子たちがいたから自分も頑張らなきゃと刺激をもらえています。いいライバルがいる中で戦えるのはすごくいいなと思います。

Q:同い年がプロで優勝できるなら私も、という思いはありましたか?
全然なかったですね。「私も同じように優勝ができるかといったらそうではない」という感じでした。「なるべく近づけるように頑張ろう」という感じで見ていましたね。(2日目を終えて首位。最終的に8位となった16年のニッポンハムレディスの)函館はたまたまです。運も良かった。実力という感じではなかったです。

Q:勝みなみさんが15歳で優勝したときは何をしていましたか?
たしか普通に練習していたと思います。そのときはびっくりしたのと、記録を更新したのを聞いて本当にすごいなと思いました。みなみちゃんのことは知っていたので、さすがだなと思いましたね。そのときのみなみちゃんは、私が勝てるような存在ではなかった。だから、何とかしてみなみちゃんに勝たなきゃという思いはなかったですね。たまに試合でみなみちゃんに勝てたこともあったけど、そんなの「たまたま」でしたし。女子アマに出ても、優勝できたらまぐれかな、という感じでした。トップ5に入れるように頑張ろうという感じでした。目標というか「みなみちゃんくらいのレベルになれるように頑張ろう」と思ってやっていましたね。

Q:畑岡奈紗さんが日本女子オープンに勝ったときと今年4月に新垣比菜さんが勝ったときはいかがでしたか?
奈紗ちゃんは最初から「メジャーで勝ちたい」という感じでした。同い年の中でも違う世界の人というか、すごい感じでしたね。比菜ちゃんが勝ったときは目の前で見ていましたが、とても感動しました。ただ、一方で、負けられないというか、刺激を受けました。その週に私は予選を落ちていたので、「落ちている場合じゃないな」と。比菜ちゃんもそのときにいっていたと思いますが、みんなで切磋琢磨して、これからもみんなで上位にいられるようにしたいなと思います。

Q:もし勝さんや新垣さんがいなかったらどうなっていましたか?
考えたことないけど…、みんながいなかったら目標がないというか、少ないままで終わっていたと思いますね。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)