【前半戦スタッツ振り返り】1R平均ストロークで3位の新垣比菜 性格は穏やかも…ゴルフは猛ダッシュ!

【前半戦スタッツ振り返り】1R平均ストロークで3位の新垣比菜 性格は穏やかも…ゴルフは猛ダッシュ!

新垣比菜は1ラウンド平均スコアで3位に入った(撮影:米山聡明)

「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。


前半戦の1R平均ストローク数【調整値加味総ストローク数÷総ラウンド数】(コース所定パーが72以外の場合、パー72に換算したストローク数に調整)のトップは鈴木愛、2位は上田桃子となった。そんなか「70.6678」で3位につけるのがルーキーの新垣比菜だ。

ツアー初優勝を飾った「サイバーエージェントレディス」の初日スコア「67」など、今季第1Rでの60台は12試合中5度を数える。このアドバンテージを生かし、予選落ちはわずかに1度。コンスタントに好成績へと繋げ、約2390万円の賞金を稼ぎだした。

一方、昨年1位だったキム・ハヌル(韓国)は、ここまで68位と低迷。17年の「70.4271」から「73.8369」と3ストローク以上数字を落としている。ここにも獲得賞金51位に沈む現状が映し出されている。

【1R平均ストローク】
1位:鈴木愛 69.9923
2位:上田桃子 70.5991
3位:新垣比菜 70.6678
4位:テレサ・ルー 71.1517
5位:酒井美紀 71.2303
6位:申ジエ 71.2453
7位:菊地絵理香 71.2526
8位:勝みなみ 71.3521
9位:比嘉真美子 71.375
10位:成田美寿々 71.4638
11位:永井花奈 71.4706
12位:フェービー・ヤオ 71.5724
13位:笠りつ子 71.7315
14位:ペ・ヒギョン 71.7333
15位:永峰咲希 71.7500
16位:岡山絵里 71.7518
17位:森田遥 71.7981
18位:葭葉ルミ 71.9256
19位:ユン・チェヨン 71.9296
20位:イ・ミニョン 71.9972

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)