ノーバーディの上原彩子 最終日は「今できることをしっかりと」

ノーバーディの上原彩子 最終日は「今できることをしっかりと」

「78」をたたき下位に沈んだ上原彩子(写真は2日目)(撮影:GettyImages)

<KPMG女子PGA選手権 3日目◇30日◇ケンパーレイクスGC(6,741ヤード・パー72)>

2オーバー・54位タイからスタートした上原彩子は、ノーバーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「78」でラウンド。大きくスコアを落とす1日に、「全部よくなかった」とうなだれた。


「結構、悲惨でした」と語るほどの酷暑のなかでのラウンドとなったが、7番までパーを並べるなど序盤は集中力を発揮した。しかし8番でセカンドショットが左の長いラフに飛び込み、これをドロップ。結局4オン2パットのダブルボギーを叩くことになった。するとその後はこの悪い流れを止めることができず、ティショットをバンカーに入れた9番でボギー。後半に入っても11番パー5で3打目が池に飛び込みボギーを叩くと、その後も2つスコアを落としホールアウトとなった。

この展開について上原は「チャンスはあるけれど、それを決め切れていない。ミスをしたときのボギーだけが重なって行くゴルフにしかならなかった」と嘆いた。多くの選手を苦しめた気温について聞かれた時も、「暑いんですけれど、それ以前の問題」とあくまでもプレーの内容に反省点を求めた。

最後は「今できることをしっかりやる。あと1日あるので、精一杯がんばります」という言葉で締めくくった上原。明日、きっちりと有終の美を飾る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>