【前半戦スタッツ振り返り】ムービングデーに強いのは森田遥!決勝ラウンドが課題?

【前半戦スタッツ振り返り】ムービングデーに強いのは森田遥!決勝ラウンドが課題?

第2ラウンドは好調の森田遥、課題は決勝R?(撮影:村上航)

「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。


前半戦を終えて、第2ラウンド(2R)の平均ストローク数【調整値加味総ストローク数÷総ラウンド数】(コース所定パーが72以外の場合、パー72に換算したストローク数に調整)でトップに立つのは鈴木愛。唯一の60台で他を寄せつけない強さを見せている。

国内女子ツアーで大半を占める3日間競技ならいわゆるムービングデーと呼ばれる2R。予選2日目ながら、翌日はすでに最終日ということもあり、スコアを伸ばさなければ優勝争いには絡めない。そんな戦いで4位につけるのは森田遥だ。

森田は15戦中、2Rの60台は5回。決勝ラウンドに向けて調子を上げるのがうまいといえる。ただし、そこからが物足りない結果になっている。3R、最終ラウンドともに平均スコアは50位前後。1年ぶりのツアー優勝に向けては、ここでのスコアメイクがカギを握りそうだ。

なお、10位に入っているキム・ハヌル(韓国)は1Rの68位からは改善するものの、やはり出遅れが響いているのが、上位争いの少なさに表れている。

【2R平均ストローク】
1位:鈴木愛 68.3611
2位:アン・ソンジュ 70
3位:李知姫 70.3333
4位:森田遥 70.6657
5位:比嘉真美子 70.6901
6位:申ジエ 70.7535
7位:福田真未 70.7981
8位:菊地絵理香 70.9266
9位:笠りつ子 71.0695
10位:キム・ハヌル 71.0858
11位:テレサ・ルー 71.1549
12位:ペ・ヒギョン 71.2019
13位:岡山絵里 71.4419
14位:成田美寿々 71.4667
15位:有村智恵 71.5
16位:勝みなみ 71.5026
17位:エイミー・コガ 71.5556
18位:新垣比菜 71.5786
19位:酒井美紀 71.5882
20位:キム・ヘリム 71.5972

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)