原英莉花「ジャンボさんのお名前に恥じない、強い選手になりたい 」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

原英莉花「ジャンボさんのお名前に恥じない、強い選手になりたい 」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

ジャンボ尾崎の秘蔵っ子・原英莉花 その素顔に迫る(撮影:米山聡明)

2018年の女子ツアーを語る上で欠かせないワードとなりつつある“黄金世代”。1998年4月2日から1999年4月1日までに生まれた選手を総称して使われるこの言葉。アマチュア時代からプロの試合で活躍し、プロ転向後も4月に新垣比菜が優勝するなど早くも存在感を示している選手たちだ。


果たして、このように呼ばれている選手たちは、プロとして戦う1年目に何を感じているのか。また、黄金世代と呼ばれることについて、そして活躍を見せる同級生たちに何を思うのか。それぞれに思いを聞いてみた。第4回は、今季ステップ・アップ・ツアーに2試合参戦し、どちらも優勝を飾ったステップ勝率100%の原英莉花。

Q:ゴルフを始めたきっかけは?
母親がゴルフを好きで、10歳くらいのときに練習場に連れて行かれたのが最初だと思います。そのときは、あまり球技が得意じゃなかったんですが、ゴルフはやったら楽しくて。

Q:球技が得意じゃないのは、なんだか意外ですね。
よく言われますが、全然できなくて。10歳上の兄と、4歳下の弟がいるんですが、2人ともテニスをやっているんです。どちらもスポーツが得意なのに、私だけ「ん?」って感じで。だから、私は止まっているボールを打とうと(笑)。最近はトレーニングでそういうこともやっていたので、前よりはましになったかなと思います。

Q:ゴルフ以外の趣味は、どんなものがありますか?
歌うことと、読書ですね。歌う歌はバラバラです。聞くのは、女性でも「Ms.OOJA(ミス・オージャ)」っていう、メンズっぽい声のカッコイイ系です。歌の趣味は、若くないと思います(笑)。よくわからないものが好きかもです。

Q:原さんといえば、ジャンボさんに弟子入りしていることが有名ですが。憧れのゴルファーはやっぱり?
やっぱりジャンボさんですね(笑)。知人から紹介を受けて、(ジャンボ邸に)行かせて頂きました。憧れを持ったのは、身近でジャンボさんを見て、教えて頂いてからですね。

いつでも探究心を持ってチャレンジして、プロの道を作っているところに憧れます。最初は本当に怖かったんですけど、今はボキャブラリーの多さですごい楽しく、やさしく接して頂いています(笑)。

Q:いつも前向きで、ポジティブな印象がありますが、ゴルフをやっていて苦しいと思ったことはありませんか?
全部が全部うまくいくわけじゃないので。どんなに頑張ってもうまくいかないこともありますし、難しい部分を考えて苦しいときはありますが、辞めたいと思ったことはないですね。ただ、『いやー、向いてないのかな』と思うときもあって。でも、違う観点で見てみると抜け出せる道があって、それを見つけたときは、また集中してゴルフに取り組めるんです。その繰り返しですね。

本当に苦しいときは、ジャンボさんにも聞いたりします。そうすると、遠まわしに教えて頂いたことを考えて気づいたりしています。

『そんなの気にすんな!』と、どストレートのアドバイスのときもありますけど、考えさせられる言葉を頂くことが多いです。それを尾崎智春さん(キャディ)と考えをぶつけて、それでいいんだ! となることが多いですね。

Q:逆に、やっていて楽しいときは?
マネジメントを自分の中で確立して、設定して。それで波に乗れてバーディを獲れたときが楽しいです。

Q:プロになって、アマチュアのときと変わったことはありますか?
スポンサードして頂けることですね。ロゴが入るので、『しゃきっとしなきゃ』と思うようになりました。自分ひとりで動いているんじゃないなという意識を持つようになりました。

Q:今季は原さんがステップで2勝、同級生の新垣比菜さんがツアー初優勝。同級生の“黄金世代”の強さって、なんだと思いますか?
やっぱり、これからっていう部分で意志が強いのかなと思います。試合では、(勝)みなみと回ることがあって、最後まで絶対諦めなくてステディなゴルフをしていて、同い年ながら『ああ、強いな』と。

Q:勝さんは、15歳でツアー初優勝。そのとき、原さんは何をされていましたか?
普通に高校生で、ゴルフと勉強をやってました。勉強は古典がめっちゃ得意でしたね。日本史とかはだめなんですけど(笑)。

Q:“黄金世代”の一人と呼ばれることについては?
みなみが優勝して、比菜ちゃんがトップ10に3回入っているときに、私は普通に高校生で。注目も浴びずに練習していた身なので、そこに私も入ってこれたのは嬉しいです。

ジャンボさんの名前もすごくお借りしながらですが、そのお名前に恥じない、強い選手になりたいなとずっと思っているので、これからも頑張りたいです。

来季のシードを取れるよう、頑張りたいと思います。

<ゴルフ情報ALBA.Net>