女子ツアー後半戦が北の大地で開幕 3代目王者に輝くのは

女子ツアー後半戦が北の大地で開幕 3代目王者に輝くのは

昨年はイ・ミニョンが6打差をつける圧勝劇を披露した(撮影:上山敬太)

<ニッポンハムレディスクラシック 事前情報◇3日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,378ヤード・パー72)>

1週間のオープンウィークを挟んだ国内女子ツアー。7月6日(金)に北海道のアンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコースで開催される「ニッポンハムレディス」でツアー後半戦が幕を開ける。


今年で第3回の開催を迎える今大会。昨年はイ・ミニョン(韓国)が2位に6打差をつける圧勝でシーズン2勝目を果たした。今季は開幕戦で優勝、2戦目の「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」で5位タイに入るなど、スタートダッシュを決めたミニョンだったが、その後はトップ10入りを一度も記録できていない。北の大地で復調のきっかけをつかめるか。

98、99年生まれの“黄金世代”勝みなみ、新垣比菜、原英莉花、松田鈴英、三浦桃香ら血気盛んなルーキーにも注目が集まる。加えて、初代覇者の葭葉ルミ、今季4勝を挙げている女王・鈴木愛、2年連続で2位に入っているキム・ハヌル(韓国)ら有力選手も北の大地に集結。北海道出身の菊地絵理香、ルーキーの小祝さくらと田村亜矢も虎視眈々と地元での栄冠を狙っている。

ツアー後半戦を占う本大会。3代目王者の座をかけて、熱き戦いの火ぶたが切られようとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>