畑岡奈紗は12位 5年ぶりの日本勢トップ10入り目前【女子世界ランク】

畑岡奈紗は12位 5年ぶりの日本勢トップ10入り目前【女子世界ランク】

畑岡奈紗が宮里藍以来となる日本勢トップ10入りを視界に捉えた(撮影:GettyImages)

7月2日付けの最新女子世界ランクが発表された。先週の海外メジャー今季第3戦「KPMG女子PGA選手権」でプレーオフのすえ惜しくも2位に終わった畑岡奈紗は、前週の19位から12位へと順位を上げ、自己最高位を更新。宮里藍が10位だった、2013年6月24日付けのランキング以来5年ぶりとなる日本人トップ10入りを視界に捉えている。


同大会に出場したほかの日本勢は、60位タイだった上原彩子が1つ順位を下げ97位。66位タイの横峯さくらは2つ順位を上げ125位となった。予選落ちの野村敏京は7ランクダウンの79位。

1位はインビー・パーク(韓国)で変わらず。「KPMG−」で優勝したパク・ソンヒョン(韓国)が6位から2位に順位を上げた。3位以下、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ユ・ソヨン(韓国)、レクシー・トンプソン(米国)と続く。

オープンウィークだった日本ツアーの選手は、鈴木愛が20位で変わらず。成田美寿々が58位、比嘉真美子が59位となった。

【女子世界ランキング】
1位:インビー・パーク(7.95pt)
2位:パク・ソンヒョン(7.41pt)
3位:アリヤ・ジュタヌガーン(7.32pt)
4位:ユ・ソヨン(7.23pt)
5位:レクシー・トンプソン(6.89pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.50pt)
7位:キム・インキョン(5.56pt)
8位:ジェシカ・コルダ(5.28pt)
9位:モリヤ・ジュタヌガーン(5.20pt)
10位:ミンジー・リー(5.15pt)
12位:畑岡奈紗(4.90pt)
20位:鈴木愛(3.89pt)
58位:成田美寿々(1.82pt)
59位:比嘉真美子(1.82pt)
67位:上田桃子(1.60pt)
79位:野村敏京(1.39pt)
83位:川岸史果(1.34pt)
86位:菊地絵理香(1.30pt)
97位:上原彩子(1.14pt)
99位:岡山絵里(1.10pt)
125位:横峯さくら(0.87pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>