同期1号のレギュラーツアー初勝利を果たした新垣比菜「私が1番は厳しいかなと思っていた 」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

同期1号のレギュラーツアー初勝利を果たした新垣比菜「私が1番は厳しいかなと思っていた 」【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

黄金世代で一番にプロ初優勝を決めた新垣比菜(撮影:上山敬太)

2018年の女子ツアーを語る上で欠かせないワードとなりつつある“黄金世代”。1998年4月2日から1999年4月1日までに生まれた選手を総称して使われるこの言葉。アマチュア時代からプロの試合で活躍し、プロ転向後も4月に新垣比菜が優勝するなど早くも存在感を示している選手たちだ。


果たして、このように呼ばれている選手たちは、プロとして戦う1年目に何を感じているのか。また、黄金世代と呼ばれることについて、そして活躍を見せる同級生たちに何を思うのか。それぞれに思いを聞いてみた。第6回は、今季4月の「サイバーエージェントレディス」で世代の中で一番にプロ初優勝を挙げた新垣比菜。

Q:最初にゴルフをしたときのことは、覚えていますか?
始めてコースを回ったのは、8歳くらいのころですかね…。パーはなかったと思います。ゴルフをはじめたきっかけは、父に連れられて練習場にいったことだと思います。ちなみに、始めてコースを回ったときは、レディスティからで「137」でした。小学校高学年くらいで、父を抜いていたと思います(笑)。

Q:そこから11年たった今年、シーズン前半でプロ初優勝。ここまでを振り返っていかがですか?
プロになってから優勝を目標にやっていたので、まさかこんなに早く優勝できるとは思っていませんでした。びっくりしたし、うれしかったです。

Q:アマチュアのときにも優勝はされていると思いますが、やっぱりプロとアマチュアでは全然違う?
違いましたね。アマチュアのときは、予選落ちしても『しょうがないか』と考えていたんですが、プロになってからは毎週試合があって、アマチュアのときよりも悔しい気持ちが強いです。

Q:性格は、負けず嫌い?
う〜ん…、あまり積極的ではなくて、マイナス思考のことが多いです。試合に関してはイケイケですが、普段は『どうせできない』とか、そういうのがあります。

初優勝のときも、緊張と『ここでミスしたらどうしよう』という怖さが毎ホールありました。アマチュアの試合で頑張ってきたのも、プロの試合で優勝するためにやってきたので、やっぱりプロで優勝できたのは本当にうれしかったですね。

Q:“黄金世代”の中で最初のプロ優勝者ですが、周りからの反応は?
私たちの世代は本当に強い選手がたくさんいるので、私が1番は厳しいかなと思っていたんです。みんな、小中学校から一緒なので本当に仲がいいんですが、優勝した瞬間も待っていてくれて、『おめでとう』と泣いてくれたのが印象的で、うれしかったです。

Q:同世代のなかで、特に仲良しなのは?
吉本ひかるちゃん、勝みなみちゃん、小祝さくらちゃんですかね。

Q:その勝さんが、15歳の時にツアーで優勝。身近な存在から刺激を受けましたか?
そうですね。みなみちゃんとか、(畑岡)奈紗ちゃんがプロの試合で活躍していて本当にすごくて。それで、みんなに追いつこうと頑張って切磋琢磨してこられたので、今、『黄金世代』と呼ばれることができているのではと思います。

Q:ご自身が“黄金世代”と呼ばれることについては、いかがですか?
自分がそこに入っているのはうれしいですし、頑張ってきて良かったなと思います。

Q:順調に活躍をされていますが、ゴルフをやっていてつらいと思うことはありませんか?
練習ではやりたくないな、嫌だなと思うこともありますが、試合でいい結果を残したり、優勝するとうれしいので。そのために頑張ろうと思えますね。

Q:優勝という最高の結果を残して終えた前半。後半に向けてはいかがですか?
前半で1勝できたので、後半でももう1つ。できればメジャーで優勝できたらと思っています。2020年の東京オリンピックにも出られるよう、たくさん活躍したいです。あとは、これまで攻めるゴルフが自分のいいところだと思っていましたが、これからは守るところは守って、攻めるところは攻める。そういうマネジメントを取り入れていきたいと思います。

<ゴルフ情報ALBA.Net>