【日本アマチュアゴルフ選手権】「関西オープン」優勝争いの久保田皓也が1打差・2位タイ

【日本アマチュアゴルフ選手権】「関西オープン」優勝争いの久保田皓也が1打差・2位タイ

久保田は日本アマ制覇なるか(写真は関西オープン)(撮影:佐々木啓)

<日本アマチュアゴルフ選手権競技 初日◇4日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7151ヤード・パー72)>

公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)が主催するアマチュア最高峰の大会、「日本アマチュアゴルフ選手権競技」の第1ラウンド4日(水)に行われた。本来は3日(火)に開幕を予定していたが、悪天候が予想されたため中止となり、54ホールに競技が短縮された。明日5日に第2ラウンドが行われ、上位60位タイによる第3ラウンドが6日に行われる。


第1ラウンドを終えて5アンダーの単独首位に立ったのは、今野大喜。1打差2位タイには、久保田皓也と岡村了が入った。久保田は、5月の国内男子ツアー「関西オープン」で、アマチュアながら優勝争いを繰り広げて注目を集めた。本大会でも活躍が期待される。

2打差・4位タイには、清水大成、大澤和也ら4人が続いた。そのほかでは、今年の「オーストラリアアマチュアゴルフ選手権」で山口すず夏とアベック優勝を飾った18歳の中島啓太が2アンダー・9位タイ。昨年の「日本オープン」で池田勇太と優勝争いをした東北福祉大学2年生の20歳の金谷拓実が6オーバー・108位タイとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)