レギュラー初出場で600万獲得の強運・渋野日向子はステップで成長中

レギュラー初出場で600万獲得の強運・渋野日向子はステップで成長中

直近2試合のステップで好結果を残している渋野日向子(撮影:佐々木啓)

<ECCレディス 初日◇4日◇北六甲カントリー倶楽部 東コース(6,483ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー第12戦「ECCレディス」。初日は荒天による影響もあり、2時間スタートが遅れたものの、全選手がホールアウト。直近のステップ2戦で連続3位フィニッシュと好調の渋野日向子は首位と3打差・2オーバー・8位タイと上位発進となった。


1998年生まれで今年20歳を迎える“黄金世代”の渋野は、2017年最終プロテストに進出するも悔しい結果に。「高校を卒業してからの4か月、合格に向かって頑張ってきました。(プロテスト以後は)QTへ向けて、気合が入ってなかったわけではないですが、試合がなかった分、目標がなくなっていたのかもしれません」とQTもサードで敗退。それでも2018年はQTランク132位の資格で、ステップ・アップ・ツアーでプロデビュー。ここまで9試合に出場し、全試合予選通過でトップ10フィニッシュは4度を数える。

ショートアイアンからウェッジを得意とし、ショットでチャンスを作るスタイル。「最近はショットも悪くないので、パーオン率が高くなっている。パットが決められれば…という状態ですが、パッティングでは課題が多いです」とグリーン上では納得がいっていないもののの、パーオン率8位、リカバリー率5位、サンドセーブ率4位などステップでの各スタッツで上位に位置し、平均ストロークは『72・8333』で3位につけている。

6月の「アース・モンダミンカップ」では主催者推薦選考会を突破し、レギュラー初出場。予選落ちとなったものの、初日には600万円がかかったホールでホールインワンを達成し、高額賞金をゲットした。

今季の目標はまずプロテスト合格だが、2次予選を突破し、7月末の最終テストに備える渋野。その目標をクリアした先に、年末のファイナルQTで上位にはいり、2019年のレギュラーツアー参戦との目標があるが、「いまはステップでレベルを上げることが大事です。アイアンショットの精度を活かして、大きく叩かないのが持ち味。出場できる試合では勝ちたい」。

先週の「Skyレディース ABC杯」では、2日目を終えて1打差の3位につけたが、悪天候により、最終日の競技がなくなったため、そのまま3位フィニッシュに。「一番のチャンスでしたが、天気にやられましたね(笑)でも、そのほかの試合でも優勝が狙えるなかで自滅することがあった」と、今季は悔しい優勝争いも数度あるだけに、今大会は上位発進を勝利に繋げたい。(文・標英俊)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)