ステップ・アップ・ツアー「ECCレディス」2日目は豪雨のため中止に

ステップ・アップ・ツアー「ECCレディス」2日目は豪雨のため中止に

豪雨により、水が浮いた18番グリーン(撮影:佐々木啓)

<ECCレディス 2日目◇5日◇北六甲カントリー倶楽部 東コース(6,483ヤード・パー72)>

国内女子ステップ・アップ・ツアー第12戦「ECCレディス」2日目。初日は荒天のため、2時間遅れでの競技開始。2日目も朝からの豪雨により、当初のスタート時刻8時から2時間半遅らせた10時30分スタートを目指したものの、悪天候およびコースコンディション不良のため、9時55分に中止が決定された。



会場の北六甲カントリー倶楽部のある神戸市北区では午前10時に土砂災害警戒のための避難勧告が発令。クラブハウス横の池から水が溢れ出すほどの雨量で、コース全体に水が浮く状況となっている。

2日目が中止になったことで、初日60位タイまでの選手(70名)が、6日(金)に第2ラウンドに進出し、18ホールのプレーを目指す。明日も降雨の予報で、9ホール消化すれば競技成立となるが、仮に2日連続での中止となれば、ステップ・アップ・ツアー初の競技不成立となる。

初日3オーバー・18位タイとなったホステスプロの香妻琴乃は「本来なら3日間やりたかったので、中止になったのは残念。首位とは4打差あるので、できれば18ホールやりたいですね」とコメントした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)