<中間速報>上井邦弘が単独首位 石川遼は1オーバーで前半プレー中

<中間速報>上井邦弘が単独首位 石川遼は1オーバーで前半プレー中

石川遼、前半3ホールを消化して1オーバーとしている(撮影:村上航)

<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント 2日目◇6日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>

悪天候、およびコースコンディション不良の影響で初日の競技が中止となった「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」は、本日7月6日(金)、1日遅れで第1ラウンドが行われており、午前組の全選手が競技を終了。上井邦弘が6アンダー・単独首位に立っている。


1打差2位タイに小田孔明、アンソニー・クウェイル(オーストラリア)、2打差4位タイに木下稜介、W・J・リー、デービッド・ブランスドン(ともにオーストラリア)が続いている。

14年に今大会を制している石川遼は3ホールを消化して、1オーバー・91位タイ。米ツアー3勝を誇る丸山茂樹の息子で、今大会がツアーデビュー戦となるアマ・奬王は、7ホールを終えて3オーバー・129位タイに沈んでいる。

約2か月ぶりのツアー出場となる小平智は3ホールを消化。2アンダー・14位タイと好位置につけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>