「私は黄金世代のほうではないかな(笑)」  地道に歩みを進める高橋彩華の覚悟 【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

「私は黄金世代のほうではないかな(笑)」  地道に歩みを進める高橋彩華の覚悟 【連続インタビュー〜黄金世代と呼ばれて〜】

周囲の声にも冷静に 高橋彩華は地道に力を蓄える(撮影:鈴木祥)

2018年の女子ツアーを語る上で欠かせないワードとなりつつある“黄金世代”。1998年4月2日から1999年4月1日までに生まれた選手を総称して使われるこの言葉。アマチュア時代からプロの試合で活躍し、プロ転向後も4月に新垣比菜が優勝するなど早くも存在感を示している選手たちだ。


果たして、このように呼ばれている選手たちは、プロとして戦う1年目に何を感じているのか。また、黄金世代と呼ばれることについて、そして活躍を見せる同級生たちに何を思うのか。それぞれに思いを聞いてみた。第9回は、QT22位の資格で前半戦17試合のレギュラーツアーに出場した高橋彩華。

Q:まず前半戦を振り返ってみて、感想を教えてください。
自分が納得できるプレーができなかったので、そこが悔しいです。序盤はパターで苦しみました。ようやくパターが落ち着いてきたら、今度はドライバーが荒れてきて…。うまくゴルフを組み立てられなかったです。

Q:アマチュア時代とプロになってからの違いは、どういう部分にありましたか?
アマ時代に比べて、気持ちが弱くなった気がしました。それで、過去を振り返ってみて、「よかった時はどうやってたかな」というのを思い出しながらプレーして、最近は少しづつですが良くなってきました。

Q:メンタル面の違いが大きかった?
プロになってからは、自分を追い込み過ぎていました。「バーディを獲らなくちゃ」という気持ちが強すぎて…。それで自分のプレースタイルを見失って、色々おかしくなっていた気がします。

もともとガマンのゴルフが私のスタイル。大きいスコアを出すのは得意ではないけれど、安定したスコアを出せる選手だった。でも無理して(バーディを)獲ろうとして自滅していることに気づきました。今は、昔みたいにジッとしているゴルフをしていればいいのかな、と思い始めています。

Q:高橋選手はポジティブなイメージがありますが。
全然ポジティブじゃないんです(笑)。よく「緊張してないでしょ?」とか言われるんですけど、内心バクバクだし、ずっと不安です。プロで初めての試合の時は、心臓が飛び出すかと思うくらいでした。

Q:ゴルフをやめたいと思ったこともありますか?
最近はずっと思ってます(笑)。ゴルフってこんな苦しいものなんだなというのを痛感しています。アマ時代も苦しい時期が多くて、予選落ちばかり。ようやく高校3年生あたりから結果が出るようになってきました。自分のゴルフ人生は基本苦しいんだなって思っています(笑)。

Q:それでもやめなかった理由は?
アマチュアの時2回くらい、本気でやめようと思いました。実際、「やめる」と決めて練習をしない時期もありました。でも、練習がないと何をしていいのかが分からなくて。やっぱりゴルフしかないんだなって思いました。あとは、ずっと応援してくれる両親や、ファンの存在も大きいです。活躍して喜ばせたいです。

Q:では“黄金世代”と呼ばれることについては、どう思っていますか?
私は黄金世代のなかでも、黄金世代のほうではないかな(笑)。「みんなすごいなー」とか「私はもうちょっと時間がかかるかな」と思って見ています。

Q:勝みなみ選手が15歳で優勝した時は、どう思いましたか?
その時は、ちょうどやめようかなと思っていた時期で、あまりゴルフに熱心に取り組んでいない時でした。だから悔しさもなくて、ただただ「スゴイなー」と思うばかり。

でも(吉本)ひかるちゃんが勝ったあたり(※編集部注:2016年のステップ「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」)から悔しいという思いが芽生えてきました。

Q:畑岡奈紗選手が優勝した2016年「日本女子オープンゴルフ選手権」の時はどうでしたか?
その時は、めっちゃ悔しかったですね。私も出場していて、2日目まではそんなに変わらない位置にいました(畑岡がイーブンパー・8位タイ、高橋が1オーバー・15位タイ)。試合が終わってから、練習時間もものすごく増えました。

Q:同世代に活躍を期待される選手が多い理由について、どう思いますか?
みなみちゃんが早い段階で優勝して、それに刺激されてレベルがポンとあがった気はします。「私も活躍したい」みたいな。ホント同い年の子は、みんなまんべんなくうまい。なんでだろう(笑)。

Q:高橋選手も刺激を受ける一人。
私のなかでは悔しさや、焦りがでてくる。それをどうプラスに変えられるかを考えて、試合や練習に臨んでいます。同世代の子たちがいなかったら、たぶんプロになれるほどのレベルになっていないと思います。何もない時は、ひたすら日が暮れるまで練習するようになりました。

Q:最後に黄金世代への思いをお願いします。
自分への励ましじゃないですけど、そんなに早く成績が出るタイプとは思っていません。地道にやっていけば、2〜3年後にはみんなと同じように活躍できると信じて、めげずに頑張っていきます!

<ゴルフ情報ALBA.Net>