パーオン率1位の比嘉真美子が“新恋人”のニューアイアン投入へ

パーオン率1位の比嘉真美子が“新恋人”のニューアイアン投入へ

新しいアイアンに一目ぼれ!今週こそは優勝だ(撮影:佐々木啓)

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 事前情報◇12日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)>

現在国内女子ツアー賞金ランク4位につける比嘉真美子が、明日の開幕を控え、プロアマ戦出場後もショットなどの練習メニューに精を出した。そしてプロアマ戦では、用具契約を結ぶPINGの新アイアン『i210」をテスト。手ごたえ抜群で「(試合に)投入します」と断言した。


相変わらずの酷暑が続く、茨城のイーグルポイントGC。そこで今季2勝目に燃える比嘉が、新たな試みに挑む。それがアイアンの変更だった。「芯が広くて、扱いやすい」と『i210』を評価した比嘉。この日のプロアマ戦でテスト、即投入を決断するほどのベタぼれぶりだった。

4月の「KKT杯バンテリンレディス」を制し、その後も安定した戦いを続ける比嘉。パーオン率は73.2906%で堂々の1位を誇るなど、セカンドショットに不安をかかえているというわけではない。実際にこれまで使用していた『i200』も「とてもいいアイアン」と相変わらずの高評価。しかし、さらなる進化を求めて、「(i200より)少し球が上がる」という新アイアンを手にすることを決めた。

先週の「ニッポンハムレディスクラシック」が行われた函館との温度差への警戒は口にしたが、「体調はすごくいい」と体も動いている様子。右手首痛で鈴木愛の欠場が決まり、賞金ランクトップ3の選手の出場がなくなったが、「それを考えてプレーすることはない。1日1打をしっかりとやれば、いい結果がついてくる」と自分のプレーに集中する。

婚約者の大相撲・勢(いきおい)関が、前日の名古屋場所4日目に横綱の鶴竜を破り、金星を手にしたことについては、「まずは初日(初勝利)が出てホッとした」と喜んだ。すでに4月に“初日”を出している比嘉自身も、さらに白星を積み重ねるため、新たなチャレンジに取り組む。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>