笹生優花の全米女子Vが刺激でも…メジャーの舞台か国内でシコシコ稼ぐか

笹生優花の全米女子Vが刺激でも…メジャーの舞台か国内でシコシコ稼ぐか

笹生と同じくジャンボ尾崎の指導を受ける原英莉花は1アンダー39位タイ発進(C)日刊ゲンダイ

【宮里藍サントリーレディス】第1日

「いつかは私も……」

 そう思った者はどれだけいたか。

 月曜日の早朝、全米女子オープン最終日の笹生優花(19)と畑岡奈紗(22)のプレーオフを見ていた女子プロたちは、練習日はその話で持ち切りだった。ともにツアーを戦っていた笹生の優勝は大きな刺激になったという。

 今大会、初日8アンダーで首位に立った比嘉真美子(27)も、大舞台での一騎打ちを見ていたひとりだ。

「私も(過去にメジャーで)優勝争いだったり、良いプレーをした経験があるので、改めて2人のプレーを見て、もっと強くなりたい、もっと日本ツアーでも海外メジャーに出れるチャンスがある時も、もっともっと強い姿で成長したいと強く思った」と力強く語った。

 今大会は全英女子オープン(8月19日開幕・カーヌスティGL)の出場権がかかる。優勝と2位の2選手(2位タイなら世界ランク上位者)と、大会終了時の日本ツアー賞金ランク上位3人(有資格者を除く)が切符を得る。笹生の優勝に感動した選手たちは、これまで以上にメジャーの舞台に立ちたいと思ったに違いない。

■経費が掛かり隔離期間もあるが

「特に全英は日本選手にとって相性がいい」と、あるツアー関係者がこう言う。

「全英女子は主に海岸沿いのリンクスで行われる。強い風とポットバンカーが難敵です。天候次第ではパープレーで回ることさえ難しいが、19年大会に渋野が優勝した以外にも、日本人のベスト10フィニッシュが多い(表)。フェアウエーが硬く、ボールがよく転がるので、パワーのある欧米選手と比べても飛距離差が少なくなる。ユーティリティーなど、クラブが進化した今、風が弱く、雨さえ降らなければ、日本選手でも上位を狙える。海外試合は国内の転戦より経費が3倍以上かかるといわれ、コロナ禍の今なら帰国してから2週間の隔離期間も覚悟しなければならない。その間、国内試合に出られず、海外参戦に消極的な選手もいる。でも、プロゴルファーならメジャーの舞台を経験して得るものはたくさんある。資格を得たなら、出場するべきでしょう」

 まったくだ。

【過去の全英女子オープン 日本人の主な成績】

20年E 上田桃子
19年@ 渋野日向子
18年CT比嘉真美子
15年FT宮里美香
13年FT比嘉真美子
     佐伯三貴
12年C 宮里美香
10年HT宮里藍
     上田桃子
09年BT宮里藍
08年BT不動裕理
   D 宮里藍
   FT上田桃子
07年FT佐伯三貴
06年HT宮里藍

関連記事(外部サイト)

×