松山英樹は三井住友VISA太平洋マスターズ46位 運営による54ホール短縮に批判も

記事まとめ

  • 松山英樹は三井住友VISA太平洋マスターズに出場したが、最終日に崩れ46位で終わった
  • この大会は2日目の悪天候と3日目の濃霧で、主催者は54ホール短縮を早々と決めている
  • 松山英樹が復調のきっかけをつかむチャンスを奪ったとも言え、運営批判が出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております