稲見萌寧が逆転で今季8勝目! ショットメーカーがパット改善で“鬼に金棒”

稲見萌寧が逆転で今季8勝目! ショットメーカーがパット改善で“鬼に金棒”

稲見は獲得賞金2億円突破(C)共同通信社

【日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯】最終日

「一番の目標だった国内メジャーに勝てたのがうれしい。パターがしっかり決まってくれた」

 1打差2位発進の最終日に8バーディー、ノーボギーのベストスコア64で回り、逆転で2020―21年シーズン8勝目を挙げた稲見萌寧(22)だ。

 獲得賞金は2億円を超え、小祝さくら(23)を抜きランク首位に立った。

 それにしても勢いがすごい。今年は開幕2戦目の3月に1勝を挙げると4月3勝、5月1勝、8月1勝、9月1勝。東京五輪で銀メダルも獲得している。今後は「2ケタ優勝を目指して勝ち続けたい」と自信たっぷりだ。

 19年1勝、20年1勝だけに、今の稲見には目を見張る強さがある。

 ショットメーカーであり、パーオン率はここ2シーズン続けてランクトップ。しかし19年は平均パット数43位がネックだった。それが20―21年は2位と大きく改善されている。

 女子プロを指導する小暮博則プロがこう解説する。

■ショットメーカーにありがちな落とし穴

「ショットメーカーはパーオン率が高いので、2パットならスコアを崩さず、ピンチになるようなシビアなパットを打つ状況が少ない。だからショットメーカーに多いのですが、パットの練習に多くの時間を割く必要がないのです。しかし、稲見は平均ストローク改善に取り組み、パット練習の時間を増やしたと聞いています。パーオン率を維持しながら、パットが改善されると必然とバーディー数が増えていきます。バーディー数は19年ランク39位(265)でしたが、今季は4位(400)。パット改善が好成績の原動力になっているといえます」

「パターは4日間それなりに入ってくれた。パターを替えてよくなった」と、ネック部分に三角形デザインを採用した慣性モーメントの高いパターを手にしてから、グリーン上での不安がなくなった。稲見のドライバー平均飛距離は239.25ヤード(34位)。聞きなれた言葉だが、プロの世界はやはり「パット・イズ・マネー」だ。

関連記事(外部サイト)