松山英樹息つく暇なし 次につながる「最終18番イーグル」の価値は大きい(羽川豊)

松山英樹息つく暇なし 次につながる「最終18番イーグル」の価値は大きい(羽川豊)

新シーズン開幕戦トップ10で手ごたえつかんだ松山(C)共同通信社

【羽川豊の視点 Weekly Watch】

 米ツアーは先週から2021〜22年シーズンが始まり、開幕戦「フォーティネット選手権」最終日は松山英樹(29)が大爆発。サンデーバックナインは上がり16番バーディー、17番バーディー、18番イーグルと見事な締めくくりを見せてくれました。

 この日はボギーフリーの66で回ってスコアを大きく伸ばし、32位発進から6位フィニッシュ。ちゃんとトップ10の好成績を残し、今取り組んでいるゴルフが間違っていないことがわかります。

 新シーズンとはいえ、米ツアーのトッププロは一年中試合が続いて全米各地を飛び回っており、息つく暇もありません。

 しかも松山はトップ30選手だけのプレーオフ最終戦「ツアー選手権」に8年連続出場と最長記録を更新中であり、前シーズンが終わったばかり。ずっと好調をキープしているわけです。

 ただゴルフには波があって、どんなに調子が良くてもスコアを出せないとダメです。例えば、パー5で2オンの可能性があっても、グリーン回りに池があったり、ペナルティーエリアが視界に入るとプロでも心理的に攻めるのは怖いものです。

 しかし、そこで勇気をもって攻めないと、次の試合に響いてスコアを出せなくなります。攻めずに、ショットを刻んで安全策に重きを置くとどこかで気持ちが萎縮して、無理をしないゴルフになってしまいます。

 そういった意味でも、松山の最終18番パー5は次の試合につながる価値あるイーグルだったと言えます。

■石川遼が米下部ツアー挑戦

 さて、石川遼(30)の米下部ツアー挑戦のニュースが入ってきました。

 今シーズン終盤はQT(クオリファイング・トーナメント)受験のため渡米し、日本ツアーも何試合か欠場する予定です。

 日本ツアープロが、米ツアーで戦おうと思ったら、世界ランクを上げて出場できるメジャー大会やWGCで好成績を上げてメンバー資格を獲得するか、時間はかかりますが下部コーンフェリーツアーを足掛かりに上位争いをして、米ツアーへと昇格していくしかありません。

 下部ツアーといっても、大学を卒業したばかりの勢いのある若い選手が多く、フィールドのレベルは相当に高い。

 それでも石川はまだ30歳と若く、飛距離を出せる体力があり、クラブを振れる体づくりもできている。

 飛距離よりも方向性なのか、持ち味の小技を磨いていくのか、スコアメークに専念すれば十分に戦っていけます。かつて米ツアーでプレーしたことがあり、コースやツアーメンバーも知っており経験値は高い。上の舞台でプレーしたい気持ちがメラメラ湧いているのでしょう。

 がむしゃらにボールを飛ばす若手に惑わされず、覚悟をもって挑戦してほしいと思います。

(羽川豊/プロゴルファー)

関連記事(外部サイト)